カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 治療法 >
  5. 治療に呼吸装置が必要な睡眠時無呼吸症候群

不眠・睡眠障害

治療に呼吸装置が必要な睡眠時無呼吸症候群

入眠時の気道の圧迫によって起こる睡眠時無呼吸症候群の治療には、睡眠薬の効果があまり期待出来ません。

 

肥満ではなく、下顎が小さいことなどが原因の場合、マウスピースによる改善が期待出来ますが、そうでない場合、呼吸装置の導入が必要になる場合があります。

 

専用の呼吸装置「CRAP」を使う

鼻の近辺にマスクをつけ、空気を送りこむことで気道の圧迫を防ぎ、睡眠中の呼吸を補助する装置です。

肥満が原因の場合、基本的には減量療法がおこなわれますが、減量が達成され、症状が改善されるまでの間はこの装置を利用することになります。

 

呼吸装置とはいっても、酸素マスクや人工呼吸器のような大仰ものではなく、重さも1キロから3キロ程度のものとなっています。

また、専用のバッグが貸し出されますので、出張や旅行の際も使用出来ます。

保険が適用されるので、月5000円程度から利用出来る場合が多いようです。

 

CRAPを利用するには

原則として、「睡眠時無呼吸症候群」と診断された場合、医師の指導によって貸し出されます。

 

減量療法やマウスピースで改善が困難な場合、「CRAP」を使い続けることになりますが、症状に応じた調整が必要になります。

利用にあたって検査入院が必要な場合が多いので、治療法に関してはきちんと医師の相談した上で決めるようにしましょう。

(Photoby:足成)

著者: nato_natoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療法に関する記事

CPAP療法を始める前に!どちらも知っておこう、CPAP療法のメリットとデメリット

  睡眠時無呼吸症候群の治療で、人工呼吸器のようなマスクをつけて寝る治療法がある...

CPAPで睡眠時無呼吸のいびき症状を解消できる!いびき症状が消えたらCPAPはやめていい?

  睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつが、ひどい「いびき」です。無呼吸の状態自体は...


睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるCPAPっていったいどんな治療法なの?

  睡眠時無呼吸症候群で、寝ているときの呼吸を助けるのがCPAPという人工呼吸...

睡眠時無呼吸症候群の治療は種類によって違うんです!OSAタイプは○○、CSAタイプは●●

  睡眠時無呼吸症候群は二種類あることを知っているでしょうか。OSAとCSAのふ...

カラダノートひろば

治療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る