カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. いびき >
  4. 突然死もある!?命に関わるいびきって!?

不眠・睡眠障害

突然死もある!?命に関わるいびきって!?

ごくありふれた症状のようにみえる「いびき」実はこのいびきを甘く見ていると危険だということをご存知でしょうか?今回はいびきから引き起こされる「睡眠時無呼吸症候群」についてお伝えします。

 

いびきは不健康のサイン

いびきをかいているとぐっすり眠っているようなイメージがありますが、健康な人がいびきをかくことはありません。肥満や扁桃腺肥大など、様々な病気を抱えているサインです。

 

いびきをかくということは、何らかの理由で空気の通り道が阻害されているということです。こうなると当然寝苦しくなりますし、眠りが浅くなったり、夜中に頻繁に目が覚めるようになるのです。

 

突然死に繋がる

いびきが酷い場合は睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」となります。「睡眠時無呼吸症候群」にかかると自律神経のリズムや体内のホルモンバランスが崩れ、やせている人でも高血圧やコレステロール値の増加を招きます。

 

「睡眠時無呼吸症候群」による無呼吸状態時には血中の酸素濃度が下がり、さらに血圧が上がるため、放置しているとどんどん症状が悪化し、睡眠中に脳卒中を起こすケースも決して珍しくないと言われています。こうしたことから「睡眠時無呼吸症候群」を生活習慣病の一種として考える人もいます。

 

どうすればよいのか

いびきの治療や診断は呼吸器科や耳鼻咽喉科で行われています。「睡眠時無呼吸症候群」については、睡眠外来のある病院であれば相談を受け付けています。

 

高血圧など持病をお持ちの方は、いびきによって症状が悪化する場合もありますので、罹りつけのお医者さんに相談するようにしましょう。

 

 

 

(Photo by 足成 //www.ashinari.com/)

著者: nato_natoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

いびきに関する記事

「子供のいびき」は病気のサイン!?

基本的に子供はいびきをかかないということをご存知ですか?子供はまだ気道が発達途...

仰向け?うつ伏せ?寝る姿勢でいびきを予防!

いびきで悩まされている方も多いのではないでしょうか?睡眠が浅くなることや健康への...


安易に手術は危ない!いびきや「睡眠時無呼吸症候群」治療の落とし穴!?注意すべき点とリスク

いびきによっては手術でいびきの治療をすることがあります。いびきや「睡眠時無呼...

口呼吸だといびきをかきやすい?睡眠時無呼吸症候群のリスク

口呼吸をしていると、口内の上部にある軟口蓋などが緊張して閉じるため、この部分が...

カラダノートひろば

いびきの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る