カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 基礎知識 >
  5. 生活習慣病予防健診は何歳から?値段はいくらで受けられるの?

健康診断・健康管理

生活習慣病予防健診は何歳から?値段はいくらで受けられるの?

日本人の多くがかかる病と言われているのが生活習慣病で、糖尿病や高血圧などが生活習慣病の代表です。

名前からもわかるように生活習慣が主な要因となっていますが、検診と料金はどのくらいなのでしょうか。

 

●生活習慣病予防の重要性

 

生活習慣病は早期発見しないと合併症を引き起こすリスクが高まります。

例えば糖尿病なら糖尿病性足変で足を切断しなくてはならないかもしれません。

高血圧なら脳梗塞や脳卒中のリスクが高まります。

生活習慣病に早めにアタックすることで健康に長生きできる可能性も高くなるのです。

 

●生活習慣病予防検診

 

生活習慣病予防健診は35歳以上、75歳未満で健康保険協会けんぽに加入している方なら受けられる健診です。

一般健診という全員が受ける健診の他、付加検診というものもあります。

付加健診は対象者の中でも40歳と50歳の方が受けるものでさらに詳しく病気を早期発見できるシステムとなっています。

女性の場合は乳がん検診や子宮がん検診等もあります。

 

●料金は?

 

生活習慣病予防健診は検診の内容によってやや料金が変わります。

一般健診、最もスタンダードな検診のみであれば自己負担額は6843円です。

その他に付加検診を入れれば一般健診と併せて11000円程度の料金となります。

乳がん検診は40-48歳なら1610円、50歳以上なら1036円です。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/03/03-376844.php?category=11 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

寝不足は低体温になる!?さらに寝不足の危険性

近年、寝不足の人が増えています。そしてそれに比例するように、低体温の人も増えて...

健康診断の結果が気になる!4,5,8段階評価のそれぞれの見方について

健康診断を受けると必ず結果が返ってきます。結果を見て一喜一憂なんてこともある...


低体温の子供が急増!低体温にならない生活法

  近年、子供の低体温が増えています!本来人間は36.5℃の体温が最適です...

採血のあとはタバコは控えましょう!~採血後の注意点~

採血したあとに頭痛などが起こることがあります。検査程度の血液量を採取しても、通...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る