カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 隠れ患者が多い! いびきと「睡眠時無呼吸症候群」における女性の割合とその理由

女性のカラダの悩み

隠れ患者が多い! いびきと「睡眠時無呼吸症候群」における女性の割合とその理由

いびきや「睡眠時無呼吸症候群」は生活習慣病との合併によって、命に関わることもあるような危険な病気です。「睡眠時無呼吸症候群」の患者の男女比はどのくらいなのでしょうか。

 

「睡眠時無呼吸症候群」の患者で女性は3割

「睡眠時無呼吸症候群」の患者の男女比は、70%が男性で残りの30%が女性だと言われています。

 

なぜ女性には少ない病気なのか?

女性ホルモンの一種である「プロゲストロン」には、脳の呼吸中枢を広げる働きがあると言われています。

このため、女性は男性に比べて呼吸器の働きが優れており、いびきや「睡眠時無呼吸症候群」が少ないとされています。

 

更年期以降は女性も増える!

「睡眠時無呼吸症候群」と診断される女性の多くが50代、60代と言われています。

これは加齢に伴う筋肉の衰えや、更年期による女性ホルモンの減少などが影響していると言われています。

 

若い女性でもかかる病気

「睡眠時無呼吸症候群」は若い女性であっても、肥満の場合や、扁桃肥大や小下顎症を抱えている場合などに発症しやすくなります。

特に、女性は月経の影響による日中の強い眠気に慣れていることと、「恥ずかしい」という理由で通院を避ける傾向にあることから、発覚が遅れてしまう場合も珍しくないようです。

 

いびきや「睡眠時無呼吸症候群」は背後に病気が隠れていることもあり、命にも関わることもあります。いびきをたびたび指摘される場合や、日中、頻繁に強い眠気に襲われるような場合は、恥ずかしがらずに「睡眠外来」や「いびき外来」のある病院を訪ねてみてはいかがでしょう。

 

(Photo by:足成)

著者: nato_natoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

PMSで人間関係が悪化!?職場での悪影響を考える

PMSの精神的症状が原因で、自分の周囲の人間関係に問題が生じることがあります...

近年増加中!10代でもPMS症状が出る訳とは

10代の女性は、PMS人口の全体から見るややPMS症状が出にくいと言えます。...


PMSのむくみや便秘症状…それは排泄機能の低下かも?

生理前になると、体重が増えたりむくみが気になったりする人は多いのではないでし...

更年期に起こる自律神経失調症状「のぼせ・ほてり・発汗」症状の対処法

更年期は体の中で大きな変化が起こっている時期です。 「変化」というのは人の体に...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

症状の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る