カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 予防 >
  5. 膝の痛みを防ごう!膝のために急激な動作を控える!膝に負担をかけない動作とは?

関節痛・腰痛

膝の痛みを防ごう!膝のために急激な動作を控える!膝に負担をかけない動作とは?

膝関節を痛めるもっと大きな原因は、急激な動作による負担です。普段の日常生活の負担であれば、体重の数倍の負担とはいえ耐えられるように膝関節はできています。しかしそこで、急激に立ち上がり、走って方向転換をするなどすることは言わば想定外の負担です。耐えれれるようにするにはどうすればいいのでしょうか。

 

膝関節を守る!

 

関節を痛めるときは大抵は何かのきっかけで急に激しく動いたときに筋肉や筋、時には関節が損傷してしまいます。膝関節を守るには、そうした急激な動きを意識して減らせばそれだけで充分なのです。

もし急激な動作をする必要のある、たとえばスポーツなどの際には十分な準備運動をして、その運動に耐えられる状態に関節を整えればよいでしょう。

それ以外の準備不足の時は、何事もゆっくりと動き、座るのもより負担の少ない椅子に腰掛けるようにすれば、かなりの負担軽減となるはずです。また、階段の上り下りが最も膝に負担の強い動作でもあり、階段を上る前に軽いストレッチで準備運動をすると良いかもしれません。

 

膝に負担をかけない動作

 

・立ち上がるときはゆっくりと

・座るときは負担の少ない椅子に

・椅子がないときはあぐらか正座

・歩くときもゆっくりと、平坦な道を選ぶ

・広めの歩幅で、足の指を意識して、正しい姿勢で歩く

 

正座などイメージとしては膝に負担をかけてしまうように感じるかもしれませんが、実はそうではありません。むしろ短時間の正座は膝にとって良いストレッチにもなります。

 

膝に負担をかけてしまうのは、がに股など一般的に楽と言われるような間違った姿勢にこそ、負担の偏りが生まれてしまうのです。普段の日常生活に注意をして膝関節を痛めないようにしていきましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/11/12-010213.php)

著者: sayarinさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

関節の炎症は軟骨の破片が原因

  ■運動などで膝に大きな負担が継続して起こると、膝関節が炎症を起こし腫れ...

急な立ち上がりはひざに負担がかかる!ひざ関節の負担を減らそう

急な立ち上がりはひざに負担がかかる!   急激な動作はひざ関節に大きな負...


膝が痛い…日常で膝を守る為の要点とは?~膝関節症の予防について~

膝関節症になるのは、日々の膝への負担の蓄積が限界点を超えることにあります。つ...

合わない靴だと足の変形や痛みにつながる!足作りのためにぴったりの靴を!靴選びについて

足の形には個人差があるといわれていますが、その個人差を作る大きな要因が靴にあ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る