カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 症状 >
  5. 発見が難しい小児リウマチ!小児リウマチと大人のリウマチの違いとは?症状と治療

関節痛・腰痛

発見が難しい小児リウマチ!小児リウマチと大人のリウマチの違いとは?症状と治療

リウマチは中年から老年がかかるものと思われがちですが、実際には子どもでもリウマチにかかることがあります。子どものリウマチを小児リウマチと呼んでいます。

 

小児リウマチと大人のリウマチの違い

 

小児リウマチが持っている大きな特徴は『全身型』というリウマチがあることです。全身型のリウマチは大人にはほとんど見られないタイプで、発疹などを伴います。大人の場合は膝関節や手の指のリウマチで、リンパ節などには影響が現れません。

 

小児リウマチは発見が難しい?

 

小児リウマチは発見が難しいと言われています。なぜかというと、まだ上手く自分の症状を伝えられないうちにリウマチになってしまう子が多いからです。どこがどんな風に痛いのか、ということを正確に伝えられる年齢は小学校高学年くらいからと考えられます。小学校低学年、幼稚園児で小児リウマチになると、痛んでいてもそのことを親御さんに上手に伝えられず、結果的にリウマチの発見が遅れることもあります。また、膝が痛い場合には、症状が成長痛と似通っています。リウマチではなく成長痛と考え、放っておいてしまうというパターンもみられます。

 

小児リウマチの治療

 

小児リウマチは大人のリウマチの治療と少し違いがあります。大人のリウマチと同じように進行を食い止めることが大切ですが、子どものリウマチの場合は成長を阻害しないことも大切です。心身の成長と進行の制止を同時に行う治療です。

 

小児リウマチについてご存じなかった方も多いのではないでしょうか。子どもが痛みを訴えた時には小児リウマチの可能性も考慮する必要があるかもしれません。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/04/16-360915.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

若い人に急におこる関節リウマチ

16歳未満の人に発症し、6週間以上症状が持続する関節炎を若年性突発性関節炎と...

見極めよう!肩の痛み…それは四十肩じゃなくて関節リウマチかも?

  ◆四十肩って何? まずはじめに四十肩とは何かご存知でしょうか?四十肩...


むくみが続く、何だか痛む…その症状はリウマチかも?!

女性に多い病気とされる「リウマチ」。その多くは「関節リウマチ」と言われています...

鉄欠乏性貧血が合併しやすい!関節リウマチの症状は関節炎だけではない!

関節リウマチというと真っ先に関節痛を連想されるかもしれませんが、あくまでも関節...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る