カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 身体測定 >
  5. 体脂肪率 >
  6. 男女で違う!体脂肪の標準値と肥満判定~その理由と肥満判定の基準値について

健康診断・健康管理

男女で違う!体脂肪の標準値と肥満判定~その理由と肥満判定の基準値について

最近販売されている体重計の多くは体脂肪率も測れるようになっています。体脂肪率とは体の中にどれだけ脂肪があるかを表したものです。男女で違う体脂肪の標準値について解説いたします。

 

体脂肪の標準値は男女で違う

 

一般的に見て、男性はがっしりとしていて女性は曲線のある体をしています。男女ではもともと必要とする体脂肪の量が異なります。女性は子供を産み育てるための体なので体脂肪の量が男性に比べると多いです。男性は大昔は狩りをして餌を取ってこなければなりませんでした。そのため、女性に比べると脂肪よりも筋肉が体に必要とされたのです。よって、女性の体脂肪基準値では適性でも男性だと肥満判定になることもあります。

 

体脂肪と肥満判定

 

体脂肪値の肥満判定は男女それぞれにおいて30歳を基点に分かれています。

 

「男性」

30歳未満の男性は適正範囲が14-20%、肥満判定は25%以上。

30歳以上の男性は適正範囲が17-23%、肥満判定は25%以上。

 

「女性」

30歳未満の女性は適正範囲が17-24%、肥満判定は30%以上。

30歳以上の女性は適正範囲が20-27%、肥満判定は30%以上。

 

肥満判定は年齢で変わらないので男性は25%を超えないように、女性は30%を超えないようにということを意識しておくとよいでしょう。

 

体重はそれほど多くはないのに体脂肪率が高いという方もいます。効率的な脂肪燃焼のために食事制限や運動習慣の見直しを考えてみてもよいかもしれません。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/02/15-376395.php?category=255 )

著者: 麻波さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体脂肪率に関する記事

体脂肪と生理の関係とは?女性には大切な体脂肪

生理と体重との関係 ダイエットをしている人にとって、体重と同様に体脂肪率の増減...

低い体脂肪率と女性の健康リスクについて

  女性でダイエットに成功した人の体験談で、体脂肪が少なくなったことを強調...


どうやって脂肪を測っているの?体脂肪率の変動の理由と測定の注意点

  今や家庭で使う体重計にも体脂肪率を一緒に測ることのできるものが増えてきてい...

実は大切な存在?!中性脂肪の必要性

  体脂肪を低くすることは、ダイエットの目標として、体重と共に大事な指標と...

カラダノートひろば

体脂肪率の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る