カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 目・耳 >
  5. 聴力 >
  6. 病気で耳が遠くなることも!?聴力検査では低音、高音の両方を聞き取る!検査方法と基準値について

健康診断・健康管理

病気で耳が遠くなることも!?聴力検査では低音、高音の両方を聞き取る!検査方法と基準値について

人間の体にとって『聴く』ということは非常に重要な機能です。人の言葉を理解するためにもまずは『聴く』ということが必要です。人の『聴く能力』を調べるのが聴力検査です。その音の種類と基準値はどのようなものでしょうか。

 

2種類の聴力検査

 

聴力検査には1000Hzと4000Hzという2種類の検査があります。Hzはヘルツと読み、周波数・振動数を表す単位です。

1000Hzは低い音を聴くための検査、4000Hzは高い音を聴くための検査です。

 

検査方法

 

検査方法は簡単で片耳にトランシーバーのようなものを当てて、音がしたら検査者に告げたり、ボタンを押したりします。小学校や中学校の頃に多くの方が聴力検査を受けているので記憶があるという方も多いでしょう。静かな部屋で、音を聴く10分程度の検査です。

 

聴力検査の基準値

 

聴力検査の基準値は1000Hzで30dbまで、4000Hzで40dbまで聞こえれば問題ありません。dbはデシベル、音の大きさで、40dbよりも30dbの方が小さい音ということになります。

高度の難聴になると70-80dbでも聞こえなくなります。そして社会的ろうと言われるのが90-100dbでも聞こえない方、全ろうの場合は100db以上でも聞こえない方です。

 

年のせいで耳が遠くなる?

 

年のせいで耳の機能が低下するというのは誰にでも起こります。一般的な老化現象の場合もあれば病気が原因となっている場合もあるので、精密検査等が必要です。

 

耳が聞こえにくいと感じるようなことがあったら一度聴力検査を受けてみるといいでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/12/10-343823.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

聴力に関する記事

アプリで簡単に聴力を測れる!?普段から自分の聴力をチェックする方法とは?

  耳が聞こえにくくなったり、突発性難聴のように急に耳が聞こえなくなったりしな...

耳鼻科で行われる標準純音聴力検査~伝音性難聴と感音性難聴をふるい分ける検査です

  難聴には2種類があり、それぞれ伝音性難聴、感音性難聴と呼ばれています。 ...

カラダノートひろば

聴力の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る