カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. ヘマトクリット >
  6. 健康診断の血液検査~赤血球数とヘマトクリット値とは?その基準値はどれくらい?

健康診断・健康管理

健康診断の血液検査~赤血球数とヘマトクリット値とは?その基準値はどれくらい?

健康診断の血液検査ではさまざまなことがわかります。糖尿病や高血圧など代表的な生活習慣病の症状が出ていないかどうかも血液検査でわかるのです。ここでは赤血球について説明いたします。

 

赤血球数とは?

 

赤血球とはそもそも何かというと、血液の主成分となっているものです。名前からもわかるように赤いのが特徴で、血液の赤を作り出しているのは赤血球です。もしも血液から赤血球を取り出してしまうと、血液の色は赤ではなくなってしまいます。

赤血球数があまりにも多い場合は多血症などの疑いが、あまりにも少ない場合は白血病などの疑いがあります。

 

赤血球の基準値

 

赤血球の基準値は男性で420-570万/μL、女性で380-500万/μLとされています。健常人であっても女性の方が赤血球数は少ないです。

 

ヘマトクリット値とは?

 

赤血球と関わっているのがヘマトクリット値というものです。ヘマトクリット値は赤血球、白血球、血小板など血液の中に浮いているものの容積割合を表しています。

ヘマトクリット値が高ければ高いほど血が濃い、低ければ低いほど血が薄いということになります。

 

ヘマトクリット値の基準値

 

ヘマトクリット値は男性で38-50%、女性で34-45%が基準値です。

赤血球数と同じで、男性の方が女性よりも健常人においてヘマトクリット値が高いのが特徴です。

 

健康診断の血液検査の結果にはいろいろありますが、赤血球やヘマトクリットの値にも注目してみるといいでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/03/03-376844.php?category=11 )

著者: 麻波さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘマトクリットに関する記事

ヘマトクリット低値で考えられる症状、貧血!貧血症状が出た時の応急処置法を知ろう

  ヘマトクリット低値の場合は赤血球やその中に含まれるヘモグロビンの割合が低い...

ヘマトクリット値とのかかわりが深い水血症ってどんな病気?

  ヘマトクリット値(血液中の血球割合)が低いときというのは男性で40%以下、...


健康診断の血液検査でヘマトクリット値が低かった・・・貧血の証拠!?

ヘマトクリット値は血液中に血球がどれくらいあるかという数値です。健康診断の血液検...

これからの季節は気をつけて!ヘマトクリット値を上げる脱水の危険

  ヘマトクリット値は血液内の血球の割合を示している数値で、男性なら40-50...

カラダノートひろば

ヘマトクリットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る