カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病を予防するために特定健診がとても大切!特定健診の内容と受け方

生活習慣病

糖尿病を予防するために特定健診がとても大切!特定健診の内容と受け方

もはや糖尿病は国民病で、自分や家族がいつかかるかもわからないものです。健康診断の一つに特定健診というものがあります。特定健診について紹介いたします。

 

特定健診とは

 

2008年に生まれた特定健診とは特定健康診査という名前を持つ、健康診断の一種です。40歳から74歳で保険に加入している方が受ける健康診断で、生活習慣病の予防を主な目的として行われています。

特定健診には問診、診察、身体計測、血圧測定、血液検査、尿糖・尿たんぱく検査、その他の検査という7つの項目があります。

 

糖尿病と特定健診

 

特定健診を受けることによって糖尿病の予防も可能です。特定健診の中には尿糖の検査があります。また、血液検査で血糖値と糖分を持ったヘモグロビンであるHbA1cの検査も行うので、糖尿病なのかどうか、今の時点で健康値よりもやや血糖値が高いかどうかがすぐにわかります。

 

どうやって受けるの?

 

お住いの市町村の特定健診について知るには市町村の福祉課、健康福祉局などのホームページを一度チェックしてみてください。基本的に受診券、案内の送付を行っているという市町村が多いです。特定健診には費用が掛かりますが1200円程度ですのでそれほど大きな負担になることはないと考えられます。

なお、特定健診は年に1回受ければOKです。

 

糖尿病の危険は誰しもが持っているといっても過言ではありません。糖尿病を予防するためにも、特定健診を受けて自分の体について知っておくことは大切です。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/05/18-347737.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

糖尿病には玄米食がいい?食後の血糖値を上げ過ぎないために

      糖尿病には幾つかの種類があります。それは、1型糖尿病、2型糖尿病、妊...

母体が高血糖のとき、低血糖のとき、胎児への糖の流れはどうなっているの?

   糖はエネルギーです。それは母体にとってもそうですし、胎児にとってもそうで...


大災害に備えて~糖尿病の人は非常用持ち出し袋になにを入れる?

大災害は、いつ起こるかわかりません。 地震や台風など、日本に住んでいる限り...

糖尿病で医療費がかさむ・・・医療費負担を軽減しよう!高額療養費制度について

糖尿病の医療費負担は決して軽くはありません。人によっては年間で10万円以上の医...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る