カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 1型糖尿病と2型糖尿病では使う薬が違う!仕組みと治療薬の違いとは?~糖尿病の薬物療法~

生活習慣病

1型糖尿病と2型糖尿病では使う薬が違う!仕組みと治療薬の違いとは?~糖尿病の薬物療法~

糖尿病には大きく分けると1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病と2型糖尿病には違いがあります。その違いについて、仕組みと治療薬を見ていきましょう。

 

1型糖尿病と2型糖尿病の仕組みの違い

 

1型糖尿病と2型糖尿病は仕組みからして違うため、治療薬も異なります。1型糖尿病の場合はインスリンが出にくい、インスリンが全くないというのが問題です。少ししか食べていないのにインスリンを使い切ってしまう場合も多いのです。

一方で2型糖尿病の場合はインスリンの働きが悪い、インスリンを酷使しているなどの問題があります。インスリンが出にくいタイプもいますが1型糖尿病ほどではありません。

 

1型糖尿病と2型糖尿病の治療薬の違い

 

1型糖尿病ではとにかくインスリンを足すことが大事です。インスリンをうまく作ることができない、少しの量しか作ることができないというのが1型糖尿病の最大の問題です。問題を解決するためにはインスリンの補充を行うのが適切です。

一方で2型糖尿病の場合はインスリンを補充するだけではなく血糖を下げる必要もあります。

 

薬よりもまずは食事や運動を通して血糖コントロールを行う方法を学ぶのが大事なポイントです。それでもインスリンの働きが悪い、血糖値が下がらないというときのみ薬を使って治療します。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/12/10-343823.php )

著者: かのんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

薬物療法をしていても油断は禁物!正しく効果を出すためには?気をつけるべきなのは?

  糖尿病になると、インスリン(経口または注射)を体内に取り込むことが必要にな...

糖尿病の治療~しびれ改善の薬紹介~

    糖尿病による身体症状のうち、もっとも多いのが手足のしびれです。病院で...


糖尿病は高血糖なのに低血糖発作が?!低血糖発作の仕組みと症状、対処方法について

糖尿病の低血糖発作という言葉を聞いたことがありませんか?糖尿病は高血糖の状態...

糖尿病治療薬ジャヌビアに『動脈硬化予防』はある?~DPP-4阻害薬の副次効果

新しいタイプの糖尿病治療薬である「DPP-4阻害薬」は、従来の糖尿病治療薬と比...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る