カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 注意点 >
  6. 糖尿病でもお酒は飲んでいいの?おつまみにも注意!アルコールと糖尿病の関係

生活習慣病

糖尿病でもお酒は飲んでいいの?おつまみにも注意!アルコールと糖尿病の関係

糖尿病になってもお酒は楽しみたい!という声もあります。糖尿病になってもお酒を飲むことはできるのか見ていきます。

 

アルコールと糖尿病の関係

実は、適度なアルコールは糖尿病の予防になると言われています。

アルコールの代謝によって血糖値を抑えられるので、飲み過ぎなければ糖尿病予防のひとつとしてアルコールを利用することもできるのです。

ただし、アルコールを摂取しすぎると肝臓や膵臓にダメージを与えます。膵臓はインスリン分泌のために欠かせない場所ですから、アルコールによってダメージが与えられれば当然糖尿病のリスクを引き上げます。アルコールは糖尿病にとって毒にも薬にもなります。

 

どれくらいなら飲んでいいの?

糖尿病の人もそうでない人も、エタノール量で1日20g(男性)、もしくは10g(女性)以下の飲酒が望ましいと言われています。それ以上飲んでしまうと肝臓や膵臓に影響を与えますし、糖尿病の治療上よくありません。また、糖尿病で治療中の方は血糖値を見ながら飲酒するかどうかを決定してください。血糖コントロールがうまくいっていない状態での飲酒は厳禁です。

 

おつまみに注意

お酒のお伴と言えばおつまみです。ですがこのおつまみ、案外カロリーが高かったり糖質を豊富に含んでいたりすることもあります。特に酔ってくると普段のように食べたいという欲求を理性で抑えられなくなる可能性もあるので、おつまみを食べすぎないように注意してください。

 

飲酒するかどうか、医師に相談してみることもお勧めです。うまくつきあっていくように注意しましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/11/21-353218.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

食事療法の効果を最大にする為に!運動で腸内環境正常化

  食事療法と運動療法は糖尿病治療において、最も重要視されます。食事療法は血糖...

エネルギー量を無視できない調味料とは?糖尿病の食事療法について

    糖尿病の食事指導でよく用いられる食品交換表の6つの分類以外に、調味料...


現代は飽食の時代…主食の変化が病気の原因になるって本当?主食の変化による影響とは

 今では当たり前に食べている主食の白米やパンですが、これは文明の発達によるたまも...

果物・野菜ジュースに注意

 果物ジュース・野菜ジュースなど、美味しく健康に良い飲み物だと思いがちです。特に...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る