カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 運動療法 >
  5. 注意点 >
  6. 大丈夫?糖尿病患者が運動をする上で気をつけなければならない4つのこととは?

生活習慣病

大丈夫?糖尿病患者が運動をする上で気をつけなければならない4つのこととは?

 糖尿病患者が治療のために運動療法を行うときにはいくつかの注意が必要です。どういうことに注意したほうがいいか、紹介いたします。

 

運動できる状態かどうか確かめる

基本的に合併症が起きている場合やいくつかのもともとの疾患を抱えている場合には運動はおすすめしません。医師の指示に従ってください。そして、糖尿病で運動療法OKと言われている人でもその日その日の体調を見ることは大切です。

血糖値に問題はないか、具合は悪くないかなどを確認したうえで運動を始めてください。

 

糖分を携行する

糖尿病患者で薬物治療を行っている方が気を付けたいのは低血糖発作です。低血糖発作を起こさないように、または起こしてしまっても初期のうちに対処できるように、糖分を常に持っておきましょう。角砂糖のような形をしたブドウ糖でもよいですし飴などでもよいです。だるくなってきたら早めに糖分を摂取してください。

 

水分補給

これは糖尿病患者の運動療法以外にも言えることですが、水分補給に気を配ってください。運動に夢中になっているとついつい水分補給を忘れがちですが脱水症状が起きては大変です。ペットボトルにスポーツドリンクなどを入れたものを持ち歩くとよいでしょう。

 

食べすぎない

運動のあとはやはりお腹が空きますがここで体を高血糖状態にしてしまってはいけません。運動のあとのご飯も普段通りの制限食でがんばりましょう。

 

医師の指示の元、無理しないように注意しながら、運動を取り入れていきましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/02/02-375931.php?category=255 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

糖尿病での運動療法…でも●●な合併症、症状の人は運動をしてはいけない!?

  基本的に運動療法は重要です 薬物治療・食事療法と並んで、糖尿病の治療...

糖尿病の運動療法での注意点とは?

  糖尿病の治療で運動療法が効果的とされているのは、運動をすることで血液中...


糖尿病治療に運動をしないほうがいい人がいるって本当?

糖尿病の方で運動療法を行わないほうがよい方、行わないほうがよい場合を紹介しま...

糖尿病の運動療法で注意したい3つのポイント 合併症に注意して運動を!

  糖尿病の運動療法にはいくつか注意したい点もあります。運動をするべきとき、し...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る