カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. リウマチの薬に副作用はあるの?それぞれの薬の副作用まとめ

関節痛・腰痛

リウマチの薬に副作用はあるの?それぞれの薬の副作用まとめ

薬を飲むときに心配なもののひとつが副作用です。病気に対する作用の他に、副作用として吐き気・頭痛などを体験したことがあるという方も多いかもしれません。リウマチ治療の副作用について紹介いたします。

 

リウマチ治療の副作用

リウマチの薬は対症療法のための薬と根本治療のための薬に分かれています。

それぞれの薬における副作用を見ていきます。

 

・ステロイド薬→感染症、高血圧、脂質異常など

・非ステロイド薬→血管性浮腫、腎障害など

・免疫調節薬、免疫抑制薬→口内炎、腎障害、腹痛、感染症、発熱など

・生物学的製剤→肺炎、発赤、心不全、気管支炎など

 

副作用を防ぐ

副作用を防ぐための第一のポイントは、『用法・用量を守る』ということです。

医師によって指示された用法と用量をしっかり守らずに、大量摂取をしてしまうと副作用が出やすいどころか急激な副作用で一大事になることも考えられます。

他に、自分の体調の変化をしっかりと見ておくというのも大事です。

副作用の兆候があった時点で医師に相談できれば、それ以上の重篤な副作用に悩まされる可能性は少なくなります。

 

もしも副作用が起きたら

基本的に、薬は医師に処方されたとおりに飲むことが大切です。

ですが、副作用が起きているかもしれない、と思って薬を自己調節した場合は、できるだけ早く医師に相談するようにして下さい。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/04/06-035652.php) 

著者: 蘭花さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

抗リウマチ薬アザルフィジン服用時の注意

抗リウマチ薬アザルフィジンが処方されたときに、注意したいことがいくつかあります...

関節リウマチの治療に効果的な関節保護の方法とは?!

  関節に腫れや痛みを伴う炎症が生じ、最終的には関節や骨が破壊され寝たきり...


最近注目のリウマチ治療薬「生物学的製剤」とは?どう使う?効果は?

  リウマチの治療薬として、最近生物学的製剤に注目が集まっています。この生...

関節リウマチ治療の基本3つ

関節リウマチはいまや全国で70万人の患者がいる国民病でそのうち80%が30代から...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る