カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. その他 >
  7. 生理痛を軽減する服装(真冬編)~コツとおすすめの方法

女性のカラダの悩み

生理痛を軽減する服装(真冬編)~コツとおすすめの方法

血の巡りが滞り、生理痛を重くする大きな原因は冷えです。服装を工夫して、体が冷えやすい冬も快適に乗り切りましょう。

 

へそ周りを中心に温める

へそから指4本分下がったあたりは、「丹田」というツボです。丹田を温めると、血の巡りが良くなり、生理痛が軽減するといわれます。

保温効果のある下着(いわゆるババシャツですね)に加え、腹巻もプラスすると良いでしょう。服にひびかない、薄手の腹巻もあります。外での立ち仕事や、生理痛が酷い時には、カイロを入れるポケットがついている腹巻がお勧めです(低温やけどに注意してください)。

丹田を温めると、体全体がポカポカしてきます。

 

締め付けないのがコツ

下半身を温めようと、タイツ、レギンス、ガードルや靴下を重ね履きしがちですが、締め付けると、血の巡りはかえって悪くなります。

靴下を重ね履きするなら、ゆったりとしたサイズのものを選びましょう。モコモコ、ふわふわした素材なら、1枚でも温かく過ごせます。

 

小物も活用

衣服の隙間から冷気が入らないよう、マフラーや手袋を使いましょう。帽子や耳あてで、外気にさらされる部分を減らすのも効果的です。

ブーツは足元が暖かくて良いのですが、キツイと血の巡りが悪くなるので、ゆったりとしたボア付きのものがお勧めです。

 

重ね着や小物でオシャレを楽しみながら、冷えを予防したいですね。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/19-374236.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

生理痛に関わる物質プロスタグランジンと生理痛対策(2)生活習慣編

多量に分泌されると生理痛が重くなるプロスタグランジンを、薬に頼らないでコント...

通気性◎!布ナプキンの効果とは

  何かと煩わしい生理の時期、何となくイライラしたり、やる気が起きない気がして...


漏れが心配・・?布ナプキンの気になるところ!

  布ナプキンにすると生理痛が緩和されるという話を聞いたことがあるでしょうか。...

生理のとき胃が痛む・・・生理痛による胃の痛みの原因と痛みを軽減する方法

生理の時、胃が痛むという人がいます。これも生理痛の一種です。原因と対処法をご...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る