カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. >
  7. 低用量ピルで生理痛を抑える(2)メリット・デメリット編

女性のカラダの悩み

低用量ピルで生理痛を抑える(2)メリット・デメリット編

生理痛を軽くする効果がある低用量ピルの服用には、メリットとデメリットがあります。それらをよく知り、服用するか否かを判断する参考にしてください。

 

メリット

・生理周期が規則正しくなる

・経血量が少なくなる

・生理の日をずらせる

・月経前症候群(PMS)が軽減される

・ホルモンバランスが整い、大人ニキビができにくくなる

・避妊にも高い効果がある

・子宮内膜症の症状緩和

生理痛だけではなく、生理に伴う不快な症状を和らげる効果も期待できます。生理をコントロールできるようになり、肉体的にも精神的にも負担が軽くなるようです。

ホルモンのバランスが整うため、美容面でもメリットを期待できます。

 

デメリット

・毎日飲み続けなくてはならないので、費用がかかる

・飲み始めの時期に、吐き気や胸やけ、倦怠感などつわりのような症状が出る場合もある

・特定の病気がある人には飲めない

・妊娠を希望する人には使えない

主な副作用は、吐き気や胃痛、むくみ、下腹部痛、頭痛などです。服用を続けるうちに体が順応し、症状は軽減します。どうしても合わない場合は、服用を中止したり、別のピルに替えて様子をみます。

 

体質やライフスタイルによって、メリットやデメリットの感じ方も異なります。自分にとっては、どちらが大きいかを比べてみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

温経湯や血府逐瘀湯など生理痛にオススメの漢方薬

    生理痛は瘀血がベースにあって起こると考えられています。   瘀血とは、...

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と他の薬の相互作用

  様々な薬との相互作用があり、それに応じた副作用が生じます。   ・NSAI...


鎮痛剤だけではなかなか治らない生理痛を根本から治療できるのは漢方薬です!

  多くの女性を悩ませる生理痛。 ここでは、生理痛を根本から治療できる漢方薬の力...

生理痛の鎮痛剤…長期的に使っても大丈夫なもの?

月に一度もやってくる…生理痛の痛みは苦しいですよね。ひどい人は何もできなくな...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る