カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 1型?2型?糖尿病の種類ごとの症状と合併症まとめ

生活習慣病

1型?2型?糖尿病の種類ごとの症状と合併症まとめ

 
 
糖尿病には2つのタイプがあります。
 

1型糖尿病

 自己免疫などが原因で膵臓のβ細胞が破壊され、インスリンの分泌量が絶対的に不足して起こるタイプです。
インスリン依存型とも呼ばれます。急激なインスリン分泌の低下によって突然起きるのが特徴です。
小児~思春期での発症が多く中高年でも発症が認められています。肥満との関連性はありません。
  

2型糖尿病

 遺伝素因のほかに、過食や運動不足など、現代人特有の不適切な生活習慣に起因して起こるタイプです。インスリン非依存型とも呼ばれます。
この場合、インスリン分泌量はやや不足している家庭のケースが大半です。(病状の進行により絶対的に不足する場合もある)
徐々に血糖値が上昇していくため、自覚症状が現れにくいのが特徴です。
 
40歳以上での発症が多いのですが、低年齢の傾向があります。
肥満もしくは、肥満の既往の患者が多いため、肥満との関係が深いと言われています。
日本人の場合、95%の患者が2型糖尿病です。
 
 

◆糖尿病の症状

糖尿病は、症状がかなり進行するまで目立った症状はみられないですが
症状が進むと次のような症状が現れます。
 
・異常な食欲とのどの渇きがある
・水分を多量に摂るため、トイレに行く回数が増えるようになる
・体がだるく、疲れやすくなる
・急に痩せて体重が減少する
・皮膚がかゆくなったり、できものができやすくなる
・傷が治りにくくなる
 
などの症状が現れます。
 
さらに悪化すると、性欲減退、視力低下、手足のしびれ、こむら返り、歯周炎の悪化、脚のむくみなどもみられるようになります。
 
 

◆糖尿病の合併症 

糖尿病の怖さは、糖尿病自体よりもその合併症にあります。
病原体に対する抵抗力が落ちて、感染症にかかりやすくなる、神経障害や血管障害を起こすなど、合併症は全身に現れます。
 
とくに注意しなければならないのが、糖尿病網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の3大合併症です。
 
 

・糖尿病網膜症:失明する危険の高い病気

・糖尿病性腎症:尿毒症や腎不全に陥る危険の高い病気
・糖尿病性神経障害:壊疽(えそ)を起こし、指を切断する危険もある病気
 
特有の合併症ではありませんが、動脈硬化も促進されます。
早期発見、治療が大切と言われる理由は、命に関わる合併症に進むのを防ぐ必要があるためです。
 
糖尿病は遺伝も関係しているといわれているので、家庭内に糖尿病歴がある人はとくに注意しましょう。
 
 
(photo by //www.photo-ac.com/main/detail/669?title=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E8%80%81%E5%A4%AB%E5%A9%A66&c_id=7)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

危険信号!糖尿病患者さんにとって、だるさ・胸痛症状が危険な理由とは

糖尿病を発症している人で体のだるさや胸の痛みを感じることがあります。 どち...

経済問題や生活の質・・・糖尿病性潰瘍の悪化によって失うのは足だけではない?

  糖尿病の合併症の中に糖尿病性潰瘍があります。この糖尿病性潰瘍は足の裏に最も...


糖尿病~どうして足が疲れやすい、だるいなどの症状がでるの?

  糖尿病を発症してから、治療をせずに放置したり、自己判断で途中で治療を止めた...

甘く見られがちな糖尿病がコワイ、本当の理由

  「がんは命にかかわる病気だけど、糖尿病なら放っておいても大丈夫」と考え...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る