カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 糖尿病と高血圧の併発が多いわけは?~血液量とメタボについて

生活習慣病

糖尿病と高血圧の併発が多いわけは?~血液量とメタボについて

糖尿病と高血圧はそれぞれのリスクを上げます。螺旋階段を上るように片方の症状が片方の症状、リスクを上げることもあります。それはなぜでしょうか? 糖尿病と高血圧が併発しやすい原因をいくつか紹介します。

 

血液量が増える

糖尿病から高血圧が発生するときには血液量が少なくとも関係しています。高血圧とは血管の中を通るものが多く、血管がパンパンに膨らんだような状態です。コレステロールなどのプラークが血管の中に溜まることによって、流れが滞ることでも高血圧を引き起こします。糖尿病と言えば、糖分が大量に血液中に含まれている状態です。そして、身体は血中の糖分濃度のバランスを取るために水分を足すということも珍しくはありません。そういった働きもあり、糖尿病の人は喉が渇きやすいのです。血液中に糖分が大量にあるということは、過剰な水分も一緒に流れることになるため、血管の中がパンパンになります。よって高血圧になるのです。

 

メタボとの関連性

メタボという言葉は最近ではずいぶん有名な言葉になりました。メタボリックシンドロームのことですが、糖尿病と高血圧はどちらもメタボリックシンドロームと関連性の深い病気と言われています。脂質、糖分、塩分の多い料理を摂取して、それぞれの効果で糖尿病・高血圧が併発したり、神経系の働きに異常が出て糖尿病・高血圧を発症することがあるためです。

 

このような理由から糖尿病・高血圧は併発しやすく、同時に治療を行ったり検査で逐一双方に影響を与えていないかをチェックすることが大切と言えます。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/02/11-376282.php?category=2 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

寿命を左右する合併症…糖尿病の合併症っていつ発症するの?どうやって防ぐの?

糖尿病で一番気をつけなければいけないのが合併症かもしれません。糖尿病を発症し...

いつも眠い・・・糖尿病と睡眠時無呼吸症候群

    ◆睡眠時無呼吸症候群とは   睡眠時無呼吸症候群(Sleep A...


危険信号!糖尿病患者さんにとって、だるさ・胸痛症状が危険な理由とは

糖尿病を発症している人で体のだるさや胸の痛みを感じることがあります。 どち...

合併症の足の合併症「末梢動脈疾患(PAD)」症状とは?どんな検査があるの?

糖尿病は全身の血管が影響を受けるだけに、様々な合併症が起こります。 そんな...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る