カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. そもそも糖尿病でなぜ合併症が?その理由と4つの合併症について

生活習慣病

そもそも糖尿病でなぜ合併症が?その理由と4つの合併症について

 

糖尿病の人は合併症に気を付けないといけないとよく聞きますが、そもそもなぜ合併症が起きるのか、そして合併症の例を見ていきます。

 

合併症が起きるわけ

合併症はたんぱく質の糖化と深く関係しています。血糖値が高い状態だとたんぱく質が糖化して、本来の役割を果たさなくなることがわかっています。イメージとしては増えすぎた血糖がたんぱく質を捕まえて別のものに変えているといった感じです。血糖値が上がっている状態が長くなると合併症になる可能性が高いです。他には血液がドロドロになりすぎて途中で詰まってしまうために起きるものもあります。

 

合併症の例

脳梗塞

脳梗塞は、糖尿病によって血液がドロドロになって起きるタイプの合併症です。糖尿病と高血圧を持っている人は特に注意が必要です。脳の細胞に栄養が送られなくなり、脳の細胞が死んでいきます。

 

白内障・網膜症

白内障はたんぱく質の糖化と関係があります。増えすぎた血糖が水晶体のたんぱく質を捕まえて、目の機能を失わせます。網膜症では網膜部分の血管が出血することで失明します。中途失明(生まれつきでない失明)の人の原因となった病の第2位が糖尿病網膜症です。

 

糖尿病性腎症

糖尿病によって血液がドロドロになると動脈硬化が起きて栄養を送れなくなります。10年以上糖尿病にかかってると腎臓にかける負担も大きく、糖尿病性腎症になって透析が必要になることもあります。

 

神経障害

脳梗塞と近いのですが、糖尿病によって血液の流れが悪くなり、栄養がいかなくなる、神経に影響を及ぼすことで起きます。最初は立ちくらみやしびれだけですが、そのうちに顔面神経麻痺などになる方もいます。

 

大変ですが糖尿病の治療をしっかり行い、合併症を防ぐように心がけましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/02/15-376395.php?category=255 )

著者: 翔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

血圧コントロールで糖尿病の合併症を防ぐ!研究「UKPDS」の紹介

  高血圧をコントロールすることで糖尿病の合併症が防げるという研究結果があ...

足の裏にできても気づかない?糖尿病性潰瘍

  糖尿病の三大合併症の一つには糖尿病性神経障害があります。神経障害は体の様々...


高血圧になる確率が2倍!糖尿病から高血圧を発症しやすい3つの理由

糖尿病になると、高血圧にもなりやすいです。 糖尿病だけでも大変なのに、高血...

安易に自分で治療してはダメ!糖尿病患者が注意するべき「足におこるトラブル」とは

   足からの血液は心臓に戻ってきにくく、だからこそ筋肉の少ない女性はむくみな...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る