カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 腎症 >
  6. 糖尿病の合併症「糖尿病性腎症」とその治療法について

生活習慣病

糖尿病の合併症「糖尿病性腎症」とその治療法について

 

糖尿病性腎症は血管から神経に栄養がいかなくなることで起きるものと考えられています。ですがその仕組みはいまだにはっきりしていません。

 

糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症に腎という漢字があることからもわかるように、腎臓の病気です。腎臓には不要なものを尿として出す、必要なものを血管に再取り込みするという働きを持った糸球体があります。

糖尿病になって血管から神経に栄養がいかなくなると、神経や血管の集まりである糸球体もダメージを受けるようです。糸球体がダメージを受けると体に必要なもの、そうでないものを判断できなくなります。すると体に必要なものまで外に出してしまったり、不必要なものを再取り込みしたりしてしまうので具合が悪くなります。

 

糖尿病性腎症の治療法

糖尿病性腎症は糖尿病の合併症ですので、基本は糖尿病の治療を優先します。初期、軽度の場合は糖尿病の治療で血糖コントロールがうまくいけば糖尿病性腎症の症状も治まってきたり、進行度がそれほど高くないまま維持できたりもします。

その他に食事療法も行います。糖尿病でも食事療法はありますが、糖尿病性腎症になったら腎臓病のための食事療法も同時に行わなければいけません。

 

糖尿病性腎症で透析をしているという方も少なくはありません。糖尿病性腎症によって腎臓が本来の働きを失った場合には、透析の機器を用いて体に必要なもの、そうでないものを分けなければなりません。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/02/02-375931.php?category=255 )

著者: 翔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎症に関する記事

合併症、糖尿病性腎症の原因は「高血糖」

  糖尿病は血液の不健康によって生じる病気です。血液は人が体を動かす上で欠かせ...

簡易尿検査だけでは手遅れになる!腎症のステージから考える、腎臓検査の重要性

   糖尿病患者さんは血糖値だけではなく、腎臓の病気に気をつけなければいけませ...


お医者さん任せではダメ!糖尿病になったら自分で考えなければいけない「腎臓の健康」

   糖尿病を発症すると、体の各部分が影響を受けます。そのため糖尿病を発症した...

腎不全のため日常生活が困難となった時?糖尿病の合併症で透析を始める時期

    糖尿病で透析をしなければいけなくなるのは、糖尿病においても最もひどい...

カラダノートひろば

腎症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る