カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. リハビリ(変形性膝関節症) >
  5. 知っていますか?リウマチ治療のゴールは「完治」ではなく「寛解」!3つの寛解について

関節痛・腰痛

知っていますか?リウマチ治療のゴールは「完治」ではなく「寛解」!3つの寛解について

リウマチは完治よりも寛解を目指す病気と言われています。最終的に薬などが必要なく、日常生活にも問題がない状態が寛解です。寛解について見ていきます。

 

3つの寛解

寛解とひとくちに言っても3つに分けられています。構造的寛解、臨床的寛解、機能的寛解の3つです。このすべての寛解が満たされた時に、リウマチの寛解とします。それぞれについて紹介いたします。

 

構造的寛解

これは病気を構造的に見た時、これ以上の進行がないということを指しています。リウマチの場合は骨の破壊が止まっている、滑膜が異常増殖していないなどが構造的寛解に分類されます。薬物治療で構造的寛解を目指す、手術療法で構造的寛解を目指すということが可能です。

 

臨床的寛解

臨床とは一般的に治療によって得られる利益のことを指しています。臨床的寛解では本人の感覚が大事です。構造的寛解とは違って、『関節の痛みがない』『こわばりがほとんど気にならない』など個人の主観に基づく寛解でもあります。

 

機能的寛解

こちらも臨床的寛解に近く、個人の主観に基づく部分が多いです。機能的寛解の場合は生活において問題がほとんどないというのが寛解の条件となります。

 

リウマチに一度かかってしまうと、骨や関節をもとの状態に戻すことはほぼ不可能です。以前と同じような生活に近づくための治療を行っていきましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/08/29-349509.php)

著者: sherylさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(変形性膝関節症)に関する記事

リウマチのリハビリには2種類!「手術をする場合」と「しない場合」について

リウマチのリハビリテーションには2種類あります。ひとつは手術をしない場合のリ...

膝の痛みを緩和する2つの運動

  膝の痛みを緩和するためにできる2つの運動を紹介します。   ●足の...


変形性膝関節症で手術する場合・しない場合…どう違うの?"リハビリの違い"

年を取ってきたからか、膝関節が痛いなんていう話を聞いたことのある方も多いかもし...

変形性膝関節症のリハビリに用いられる筋トレ!簡単太ももストレッチ、●●を使ったエクササイズ

膝関節がすり減ったり変形したりする変形性膝関節症の患者は、国内では3000万人...

カラダノートひろば

リハビリ(変形性膝関節症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る