カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. リウマチかどうか?検査方法~血液検査・尿検査・関節液検査・レントゲン検査

関節痛・腰痛

リウマチかどうか?検査方法~血液検査・尿検査・関節液検査・レントゲン検査

 リウマチかどうかはいくつかの検査と問診によってわかります。血液検査・尿検査・関節液検査・レントゲン検査について紹介いたします。

 

血液検査

血液検査では炎症反応、免疫学的検査、生化学的検査などを主に行います。

炎症反応:体内に炎症が起こっているかどうかを確認します。

免疫学的検査:リウマチ因子を持っているか、自分の細胞を攻撃してしまう免疫システムを持っているかを中心に確認します。

生化学的検査:血清中のたんぱく質のうち一部のたんぱく質のみが優位になっていないかどうかなどを中心にチェックします。

以上のチェックの他に、治療を行う上で臓器に副作用が出ていないかを血液検査で調べることもあります。

 

尿検査

リウマチと似たような病気に全身性エリテマトーデスや痛風があります。これらの病気ではなく、リウマチであるということを確認するために尿検査は行われています。

 

関節液検査

関節液とは滑液とも呼ばれるもので、関節の中にあります。リウマチの場合は初期でも関節液の増量が見られますので、関節液を確かめればリウマチかどうかがわかります。増量しているかどうかだけでなく、関節液がさらさらになっている、リウマチ因子や免疫複合体があるかどうかも確認します。

 

レントゲン検査

こちらはリウマチの発見というよりも進行度、ステージの確認のために使用されることが多いです。骨の状態、関節液の状態を見て適切な治療方法を考えていきます。

 

さまざまな検査を行うことになりますが、それぞれの結果を総合することでリウマチかどうか判断されます。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/01/19-344825.php)

著者: sherylさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

最近注目のリウマチ治療薬「生物学的製剤」とは?どう使う?効果は?

  リウマチの治療薬として、最近生物学的製剤に注目が集まっています。この生...

何度か行うかも!?リウマチの検査にかかる費用どのくらい?保険適用は?

リウマチの検査は時間がそれほどかかりません。検査自体は数分で終わってしまうも...


飲んで効く!新しい抗リウマチ薬ゼルヤンツ

  関節リウマチの治療薬として、新しい薬「ゼルヤンツ」が注目されています。...

妊娠への影響が少ない薬は?リウマチ治療と妊娠・出産

  30代から50代の女性に多く発症するリウマチ。この時期は女性にとって結婚・...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る