カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 目・耳 >
  5. 視力・眼底・眼圧 >
  6. 全身の病気も見つかる!?眼底検査の方法と検査でわかる病気について

健康診断・健康管理

全身の病気も見つかる!?眼底検査の方法と検査でわかる病気について

 

健康診断の検査のひとつに眼底検査というものがあります。眼底検査の方法と、健康診断の検査のひとつに眼底検査というものがあります。眼底検査の方法と、検査でわかる病気、注意点についてご紹介します。

 

眼底検査とは?

眼底検査では眼球の内部を見る検査です。とはいっても眼球を取り出して中身を見るわけにはいきません。眼底検査では目にカメラを付けて観察をするのです。使われる機械は眼底カメラ、眼底鏡などと呼ばれているもので、ほかには瞳孔を広げるための散瞳薬も使われます。

 

眼底検査でわかる病気

眼底検査は目の検査のひとつと考えられていますがそれだけではありません。もちろん眼底検査では目の病気もわかりますがそれ以外の病気もわかります。

眼底検査でわかる病気には脳神経の病気や動脈硬化、糖尿病などもあります。血管に症状が出るタイプの病気の多くは眼底検査でも発見できると言われています。

 

眼底検査の注意点

眼底検査では目の写真を撮ったり目をカメラで観察したりします。強い光が眼の中に入ることから少しまぶしいのですが、しっかりと検査を行うために我慢してください。どうしても我慢できなくなったら検査者にその旨を伝えましょう。

そして、眼底検査直後の目はやや見えにくいです。車の運転はその日のうちは避けておいてください。

 

眼底検査を受けて、次の日になっても見えにくかったり目が痛かったりという症状が続く場合には病院へ相談してください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/02-350822.php?category=303 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

視力・眼底・眼圧に関する記事

知って安心!眼の検査

  眼科を受診すると、問診後に必要に応じていくつかの検査が行われます。 ...

気をつけて!検査後に○○をしてはダメ! 眼底検査終了後の注意点 

眼底検査をするときには瞳孔を大きくするための散瞳薬という目薬を使います。この散...


視力にも正常値がある?一度は経験があるはず!『C』で視力を測るランドルト環と視力の正常値について

視力が悪いけどそれほど困っていないという方は多いです。ですが実は視力にも正常値...

レーシックで眼圧が変わる!その仕組みとレーシックを受ける際の注意点

  視力回復のための手術がレーシックと呼ばれるもので、角膜を削って近視矯正を行...

カラダノートひろば

視力・眼底・眼圧の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る