カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 急性低音障害型難聴 >
  5. 急に低音が聞こえない!?聴力検査で低音が聞きづらい!急性低音障害型難聴とは

気になる病気・症状

急に低音が聞こえない!?聴力検査で低音が聞きづらい!急性低音障害型難聴とは

健康診断では2種類の聴力検査も行います。高い音、低い音が聞こえるかどうかを検査するというものです。健康診断で低い音が聞こえなかった場合には急性低音障害型難聴の可能性もあります。

 

急性低音障害型難聴とは

周波数の低い音だけが聞こえなくなる病気が急性低音障害型難聴というものです。急性低音障害型難聴は10万人中40-50人の人がかかると言われている病気です。

 

名前の通り低い音だけが聞こえなくなる病気で、健康診断では123Hz、250Hz、500Hzの周波数音で聴力が下がっている場合は急性低音障害型難聴と判断します。

 

急性低音障害型難聴の症状

実は、難聴であるにも関わらず急性低音障害型難聴では聞こえにくいという症状はあまりありません。聞こえてはいるものの音が変に聞こえるという場合が多いようです。筒を通して聞いたようなくぐもった感じに聞こえる、音が割れて聞こえるなどの症状を訴える方が急性低音障害型難聴の方には多いです。

 

急性低音障害型難聴の原因

一般的に急性低音障害型難聴の原因はストレスや疲労にあると言われています。働き盛りの30代に急性低音障害型難聴は多い病気なのです。ストレスを抱え込んだり、寝不足が続いたりすると急性低音障害型難聴になることもあります。

 

急性低音障害型難聴の治療

急性低音障害型難聴はその原因の多くが精神的なものですので、精神的な治療が功を奏すことが多いです。例えば安静にする、なるべくストレスをためないようにすることも大切です。

 

健康診断で周波数の低い音だけが聞こえない、聞こえづらかったときには、この急性低音障害型難聴が疑われるでしょう。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: なるこさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急性低音障害型難聴に関する記事

急性低音障害感音難聴が疑われる場合、どのような検査を受ける?

      急性低音障害感音難聴が疑われる場合は、一般的な耳鼻咽喉科的診察を丁...

急性低音障害型難聴の治療に使われる薬とは?生活習慣への注意も必要です

  急性低音障害型難聴は低音が聞こえにくくなるタイプの難聴で、病院で治療を受け...


突発性難聴等との鑑別が難しい!急性低音障害感音難聴と耳閉塞感

      耳閉塞感とは耳が詰まった感じのことを言いますが、この感じは飛行機の...

急性低音障害型難聴再発を防ぐために大事な2つのこと

  急性低音障害型難聴は音の高低・大きさを認識する器官に異常が出る病気で、スト...

カラダノートひろば

急性低音障害型難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る