カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. STD(性感染症)の影響で不妊症の原因に「卵管留水腫」について知ろう

妊娠・出産

STD(性感染症)の影響で不妊症の原因に「卵管留水腫」について知ろう

STD(性感染症)を治療せずにほっておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になるというのは、知っている方も多いでしょう。では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。まずは、その原因の1つである卵管留水腫についてです。

 

卵管留水腫とは

クラミジアなどのSTDによって、卵管に炎症がおこります。それによって卵管の途中が部分的に閉塞してしまい、その閉塞している個所の間に滲出液(体液の1種)が貯まってしまう病気です。

 

自覚症状が出づらい

特に女性の性感染症は自覚症状がないことが多いです。そのため、不妊検査によって見つかる人が大部分を占めています。

 

検査

子宮卵管造影(子宮の入り口から造影剤を注入し、どのくらい卵管の壁がくっついているのかを見る検査です)。

 

治療

卵管開口術(癒着した部分を剥がしていく手術です)。

 

この病気は症状がありませんから、気付いた時には時既に遅しの場合が多いでしょう。ですから、まずはSTDにならないように、そして心配であればすぐに病院へ行くようにしましょう。

●STD(性感染症)による不妊症の原因~その2.卵管留膿腫とは?

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

妻の妊活…自分は無関係だと思っていませんか?夫が考えるべき・できること

結婚して子供がほしくなると、今では妊娠・出産に向けて妊活を行うカップルが増え...

基本的に妊活中の男性が飲む薬からの影響はない、例外は多発性骨髄腫とC型肝炎の薬

妊娠を目指して性交渉しているなら、精子に影響を与える薬、奥さんの体への薬物移...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る