カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 胃が痛い…!症状別!胃炎に効果のある薬選びのポイント

気になる病気・症状

胃が痛い…!症状別!胃炎に効果のある薬選びのポイント

胃の痛みって、結構日常的なものですよね。ちくっと痛んだり、じわーっとのしかかるような痛み、絞られるように痛むことも。

 

医師にかかるほどでも、と薬局に向かえば様々な胃の薬。胃に効くのだからどれでもいいだろ、というのは実は間違い。適切な胃薬を選ばないと、逆効果になったりもするのです。

 

薬選びは、どんなポイントがあるのでしょうか。症状から適切な薬の種類を、ご紹介します。

 

症状別!薬選びのポイント

胃がもたれる、食べ過ぎ→消化剤

胃の中にある、余分な食物をお掃除=消化する必要があります。そこで、消化酵素を含むお薬を服用しましょう。でんぷん分解酵素のジアスターゼ、脂肪分解酵素のリパーゼなどが成分です。

 

胸やけ、胃痛→粘膜修復剤

損傷した胃粘膜を修復したり、胃粘膜の再生力を高めることが目的。主成分としては、銅クロロフィンカリウム、スクラルファートなど。

 

胸やけ、むかつき→制酸剤

出すぎた胃酸を中和し、胃粘膜への刺激を抑えます。水酸化マグネシウム、無水リン酸水素カルシウム、炭酸水素ナトリウムなど。

 

胃痛、胸やけ、むかつき、もたれ→酸分泌抑制剤(H2ブロッカー)

胃酸の分泌を抑えることで、胃粘膜への刺激を抑えます。

 

胃が差し込むように痛いとき→鎮痛鎮痙薬

胃の過剰な緊張、収縮を抑えることで、痛みを軽減します。成分は、ロートエキス、臭化ブチルスコポラミン、臭化メチルベナクチジウムなど。

 

食欲がわかないとき→健胃薬

生薬の成分によって、胃液の分泌を促すなどで食欲を増進します。オウバクなど。

 

様々な症状に…→総合胃腸薬

いろいろな成分が配合されており、主成分や成分の比率によって作用が異なります。

 

ざっと見ただけで種類がたくさんあります。特にH2ブロッカーは処方薬が市販されるようになったスイッチOTCであり、CMなどでも有名です。

 

しかし、胃酸を抑えるため、食べ過ぎなどによる胃部不快感には適しません。むしろ、消化を阻害してしまいます。また、解熱鎮痛薬、降圧剤などを服用していると、胃酸過多になることもあり、飲み合わせなども注意が必要です。

 

症状がいろいろあるように、薬もいろいろ、効果も様々です。医師や薬剤師と相談して、適切な薬を処方してもらいましょう。 

(Photo by //www.ashinari.com)

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

ストレスが原因で急性胃腸炎に!?

  胃腸炎の原因といって一般的なのは、インフルエンザによるウイルス性胃腸炎...

脱水症状や合併症…入院が必要な急性胃腸炎の症状とは?

急性胃腸炎で、入院にいたるケースはほとんどありません。しかし、まれに入院が必...


細菌性胃腸炎からギラン・バレー症候群になることも?

  細菌性胃腸炎には様々な原因菌が存在します。その中でもカンピロバクターによる...

刺激のある食事は急性胃腸炎になりやすい!?

  急性胃腸炎は、インフルエンザなどのウイルスやストレスなどによって、胃酸...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る