カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 胃が痛い…!胃炎だけではない、胃の怖い病気の数々について

気になる病気・症状

胃が痛い…!胃炎だけではない、胃の怖い病気の数々について

飲み込んだ食事がそのまま入ってくる胃。刺激性の食物やら、みずからが出す胃酸(塩酸)やら、ストレスやら。四方八方の「刺激」にさらされ続けるため、炎症が起こりがちです。ただ、そんな中に怖い病気が隠れていることもあるのです。

 

胃炎かと思ったら…

胃の不快感や胃痛が長く続くと、慢性胃炎の可能性があります。ドラッグストアに行けば数多くの胃薬が並び、胃酸分泌抑制薬(H2ブロッカーといわれる類)も市販されるようになりました。

 

しかし、この症状は、胃潰瘍や胃がんと区別がつきにくいのが事実。やはり、症状が長く続く場合は、医師に相談し、内視鏡検査などのチェックをしてもらうのがよいでしょう。

 

胃潰瘍

胃潰瘍は、胃酸が胃粘膜まで消化してしまい、胃がただれて傷ついてしまうこと。ときには、胃に穴があき、筋肉まで消化してしまいます。症状は、痛み・酸が多くなること・出血が三大特徴といわれます。痛みが多くなるのは、主に食事中や食後などの、胃液が多く出る時間帯です。

 

胃がん

胃がんは、胃粘膜細胞が、がん細胞へと変異し、増殖を始めたものです。粘膜までのがんは、早期がんといわれ、多くが手術で治ります。

 

初期症状がほとんどないのですが、みぞおちの痛み、吐き気、胸やけなど、胃炎の症状に非常によく似ています。毎年の健康診断(バリウム検査・内視鏡検査)を習慣にするなどして、ほとんどが治る早期発見のうちに対処したいものですね。

 

胃潰瘍も胃がんも、原因として言われるのは、偏食が多い、たばこ、お酒・コーヒー等の飲み過ぎ、ピロリ菌感染など、胃炎とほぼ同じです。規則正しい生活と食生活で、原因を減らしたいですね。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●空腹時の胃痛や吐き気を和らげる方法は?

 [Photo by //www.ashinari.com/]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

子どもの急性胃腸炎~症状の特徴と注意点まとめ

子どもが嘔吐や下痢を起こす場合、ほとんどが急性胃腸炎によるものです。子どもの...

ストレスからくる急性胃腸炎

食中毒などの細菌性胃腸炎や、ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎。胃腸炎も様々で...


ストレスが原因の急性胃腸炎を防ぐには?

  現代人に多い、ストレスが原因の急性胃腸炎。 家庭や学校、職場での人間...

乳幼児は注意!インフルエンザから急性胃腸炎になり入院するケースも!?

    冬の時期はインフルエンザが流行する時期でもあります。インフルエンザの...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る