カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 胃が痛いときに~胃に優しい食事とそのポイント、胃炎に適さない食材とは?

気になる病気・症状

胃が痛いときに~胃に優しい食事とそのポイント、胃炎に適さない食材とは?

ストレス社会に生きる、現代人。胃の痛みにも、無縁ではいられませんよね…。でも、食事を摂らなければ、さらにストレスもたまるし栄養も足りず、症状は悪化していくもの。ここでは、胃炎のときの食事の注意点をお伝えします。

 

胃を休めよう!

胃炎が起こっているとき、胃の粘膜は炎症を起こしています。つまり、ただれているようなもの。原因が分かっている場合は、安静にし、原因を取り除きます。食べすぎなら食べ過ぎない、飲みすぎなら飲み過ぎない、ストレスなら、なるべく取り除く…。1,2回絶食し、白湯のみをとることも、おすすめです。まずは胃を休めましょう。

 

胃に優しい食事

ポイントは3つです。

1. 腹八分目にとどめる

食べ過ぎは厳禁です。胃に負担がかかります。

 

2. 規則正しい時間に食べる

夜遅く食べることや、食べてすぐ寝る、なども胃に負担がかかります。

規則正しい生活を心がけましょう。

 

3. 栄養バランスのよい、消化しやすいものを食べる

おかゆ、うどんは確かに消化しやすいのですが、慢性胃炎のような長期続く場合は、おかゆだけだとバランスが悪くなるもの。

柔らかく炊いたご飯に、たんぱく質、野菜、果物などに少量の脂質を合わせて摂りましょう。柔らかめの、繊維の少ない食材がお勧めです。

 

胃炎に適さない食材

過剰な脂、糖類、酸っぱいもの、塩辛いものは、胃酸が過剰に出ます。つまり、よけいに胃を荒らしてしまいます。

また、とうもろこしやたけのこ、ごぼう、漬物など繊維の多いもの、揚げ物類、脂の多いサンマやサバなどの魚も、なるべく避けましょう。

 

食事に気をつけながら、胃炎の症状を抑えて、また再発しないよう生活習慣の改善も、習慣づけていきましょう。

 

[Photo by //www.ashinari.com/2012/02/13-357664.php]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

下痢や嘔吐が止まらない! 急性胃腸炎で入院に!?

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられる病気です。通常症状...

ウイルス性胃腸炎に感染した時の対処法とは?

  ウイルス性胃腸炎は、嘔吐や下痢、発熱などの症状が見られる病気です。 嘔吐...


年末年始のアルコール摂取で急性胃腸炎になることも!?

  クリスマスや正月、忘年会や新年会など、何かと飲む機会の多くなる年末年始...

症状によって違う!胃腸炎に効く漢方

  下痢におう吐に、発熱もともに…。 家族全員で胃腸炎、などということもあるぐ...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る