カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. O-157 >
  5. 食中毒!出血性大腸炎~大腸菌O-157とは?その症状と予防法

気になる病気・症状

食中毒!出血性大腸炎~大腸菌O-157とは?その症状と予防法

「O157:オーイチゴーナナ」この響き、ニュースで耳にする機会が多いことと思います。食中毒のひとつとしてよく知られていますが、実際どんな症状を引き起こすのでしょうか。

 

大腸菌ってなんだろう

動物には様々な菌が住みついていますが、もちろんヒトも多くの菌と共生しています。その中でも、大腸に住む菌を総称して大腸菌と呼びます。ほとんどの大腸菌は無害なのですが、いくつかがヒトに下痢を起こすことで知られており、病原性大腸菌といます。

中でも、死者を出すような毒性の強い菌が、大腸菌O-157:H7と呼ばれる種類の菌なのです。

 

大腸菌O-157

このO-157、実は健康な牛の腸に生息しています。そこから、過熱が不十分な牛ひき肉や、殺菌されていない牛乳や果汁、汚染された水などを接種することで、出血性大腸炎が集団発生することがあります。なお、ヒトからヒトへも感染するため、感染者の糞便には注意が必要です。

 

出血性大腸炎の症状

感染後、4~8日の潜伏期ののち、症状が現れます。成人は無症状であったり、軽い下痢のみのことがほとんどなのですが、乳幼児や高齢者の方では、重症にいたり、脳症を引き起こしたりすることもあり、注意が必要です。典型的な症状としては、腹部が強く痛み、水様性の下痢が突然始まります。病名にもあるように、便に血が混じることもあることが特徴です。

 

予防法

O-157は熱に弱いため、食物の加熱により死滅します。また、消毒剤はアルコールや洗剤などでも容易に死滅するため、通常の食中毒対策で十分予防できます。

 

O-157も、他の食中毒同様、初夏から秋にかけての気温が高い時期が、増える時期と思われています。食中毒にならないためにも、調理前後の手洗いや、食器、食品等の衛生管理に気をつけましょう。

 

[Photo by //www.ashinari.com]

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

O-157に関する記事

激しい腹痛や水溶性の下痢・・・O-157によって引き起こされる症状

  腸管出血性大腸菌O-157は、一般的な食中毒の原因菌とは異なる部分がたくさ...

素手はもちろんNG!丈夫なマスクと手袋を使って、腸管出血性大腸菌感染者の○○の正しい処理法

夏は気温が高く、食べ物が腐りやすいことから、食中毒に対して十分な注意が必要な季...


見た目や匂いは普通でも細菌が増殖している食品で食中毒にならないために

腐った食品は見た目でわかるから大丈夫、と言う方もいますが、見た目や臭いだけでは...

自分でお肉を焼く場合は注意が必要!!食中毒O157が起こったこれまでの事例

O157は国内でも有名な食中毒です。O157は大腸菌の腸管出血性大腸菌類に分類...

カラダノートひろば

O-157の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る