カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 検査・治療 >
  6. 他人事じゃないSTD(性感染症)爆発的に感染者が増えるのはなんと15~19歳!なぜ?

女性のカラダの悩み

他人事じゃないSTD(性感染症)爆発的に感染者が増えるのはなんと15~19歳!なぜ?

STD(性感染症)は大人の病気と思われがちです。そして中高生では、20~30代の人たちがかかる病気だと思っています。それは本当でしょうか?

 

STDが爆発的に増えるのは、15歳から!

厚生労働省の性感染症報告によると、全体的なSTDが急激に増える年齢は15~19歳となっています。それまでは主に母子感染(お母さんから赤ちゃんへ移ってしまったもの)で、年間に数人程度報告されています。しかし、15~19歳となると10~14歳に比べてこれだけの患者数が増えているのです。

・性器クラミジア 2,856人増

・性器ヘルペス 341人増

・尖圭コンジローマ 326人増

・淋菌感染症 822人増

・梅毒 24人増

(平成23年度報告数)

 

なんで15歳から増えてるの?

今は中高生でもSEXを行う時代です。性の低年齢化に伴い、感染者の年齢も低くなっています。また、中高生では正しい予防知識を持っている人も少なく、予防行動をとれていないことも考えられます。

 

若くても、感染する可能性が十分にあります。まずは自分で行動できるようになって、自分の身は自分で守れるようにしてほしいですね。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/07/27-339047.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

病院は恥ずかしくて行きにくい?婦人科・性病科~性感染症受診の流れ~

この記事を読んでいる方の中には、STDかもしれないと迷っている方も多いはず。婦...

キット、保健所、病院…性病(STD)検査はどこで調べる?

  性病(STD)の検査の方法は血液検査やおりもの検査で、検査方法に違いは...


様々な性病の潜伏期間を知って、早期の検査を!

    こんな恐ろしい性病が潜んでいた!   気づいた時にはもう立派な感染者だと...

人には相談しにくい…性感染症やエイズの電話相談窓口を利用しよう!

    「症状があるけど、本当かな?」「病院に行くべきかな??」 「でも、...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る