カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 食材 >
  6. 血管年齢を若いまま維持しよう!生野菜がカギ!血管年齢を抑える食事方法

生活習慣病

血管年齢を若いまま維持しよう!生野菜がカギ!血管年齢を抑える食事方法

健康を維持し続けるには、血管年齢を若いままで維持する事が必要です。

そのためには日々の生活習慣の中でも食事が最も重要と言えるでしょう。
日々の食事で摂取する栄養素を全身に運ぶのが血管の役割であり、
血管の負担の大部分が食事によるものです。

間違った食事、偏った食事によって
血管への負担が増すことも充分にあり得ます。

逆にきちんとした
健全な食事によって血管年齢を若く抑えることもできるのです。
血管への負担を軽減する食事として必要となるのが、
生野菜です。

 


血管年齢を抑える食事方法

食事の量は腹八分目

過剰な栄養素はそれだけで血管への負担となる。


最初に生野菜を食べる。

生野菜を最初に食べることで、低カロリーで
満腹感を得ることが可能になる。

生野菜の
食物繊維が腸内をきれいにし、血液に余分な栄養素などが入ることを防いでくれる。


血液がどろどろとなる脂肪を減らす。

血管の負担となるのは、
血液の質がどろどろになる油分などの脂肪です。

生野菜を積極的に摂取することは、肉類などの他の食事を抑えることになり、血液の質を維持する事に貢献します。

 


血管を若返らせるためには、血管への負担をいかに軽減するかが重要です。

そのために鍵となるのが
生野菜であり、それを用いた食事方法の工夫で劇的に血管への負担を減らし、血管年齢の促進を抑えることが可能になるでしょう。


しかし何よりも食事は精神的にリラックスして、楽しく食べる事が何よりも血管に良い影響を与える事になります。

 

 

 

(Photo by: //pro.foto.ne.jp/free/resize.php?image=images/images_big/kud0027-039.jpg)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

酒粕を毎日の食生活に取り入れよう~血栓を溶かす効果もある!酒粕の薬効成分4種

■酒粕とは酒のもろみを絞った残り滓のことです。 これには米、麹、酵母の薬効成...

血圧を低下させる効果のある野菜・果物とは?高血圧の食事療法

  いくつかの種類の野菜には投与方法が成分を抽出した後、静脈内投与である実験に...


モロヘイヤを食べよう!

  栄養満点のモロヘイヤ!その語源はさかのぼること古代エジプト、アラビア語で「王...

ウーロン茶で高血圧サポート

ウーロン茶はポリフェノールがたっぷり!ウーロン茶ポリフェノールは血圧の上昇を抑え...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

食材の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る