カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 食材 >
  6. 血管年齢を若いまま維持しよう!生野菜がカギ!血管年齢を抑える食事方法

生活習慣病

血管年齢を若いまま維持しよう!生野菜がカギ!血管年齢を抑える食事方法

健康を維持し続けるには、血管年齢を若いままで維持する事が必要です。

そのためには日々の生活習慣の中でも食事が最も重要と言えるでしょう。
日々の食事で摂取する栄養素を全身に運ぶのが血管の役割であり、
血管の負担の大部分が食事によるものです。

間違った食事、偏った食事によって
血管への負担が増すことも充分にあり得ます。

逆にきちんとした
健全な食事によって血管年齢を若く抑えることもできるのです。
血管への負担を軽減する食事として必要となるのが、
生野菜です。

 


血管年齢を抑える食事方法

食事の量は腹八分目

過剰な栄養素はそれだけで血管への負担となる。


最初に生野菜を食べる。

生野菜を最初に食べることで、低カロリーで
満腹感を得ることが可能になる。

生野菜の
食物繊維が腸内をきれいにし、血液に余分な栄養素などが入ることを防いでくれる。


血液がどろどろとなる脂肪を減らす。

血管の負担となるのは、
血液の質がどろどろになる油分などの脂肪です。

生野菜を積極的に摂取することは、肉類などの他の食事を抑えることになり、血液の質を維持する事に貢献します。

 


血管を若返らせるためには、血管への負担をいかに軽減するかが重要です。

そのために鍵となるのが
生野菜であり、それを用いた食事方法の工夫で劇的に血管への負担を減らし、血管年齢の促進を抑えることが可能になるでしょう。


しかし何よりも食事は精神的にリラックスして、楽しく食べる事が何よりも血管に良い影響を与える事になります。

 

 

 

(Photo by: //pro.foto.ne.jp/free/resize.php?image=images/images_big/kud0027-039.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

降圧作用の高いキウイフルーツ!上手く食生活に取り入れましょう!成分について

  ■キウイフルーツといえば誰もが知っている果物ですが、この果物に非常に優れた...

料理に使う油にもこだわりたい!高血圧に効果のあるグレープシードオイルって?

  血圧はいろいろな要因によって上がってしまいます。そのため高血圧症と診断され...


野菜を沢山食べる工夫

*温野菜でたっぷりと*野菜を加熱することにより、体積が減って沢山の量を食べること...

食物繊維やビタミン類が豊富!秋の味覚きのこを食べよう!

  色んな栄養が含まれるのに低カロリー、おまけに満腹感◎のきのこは食事療法の強...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る