カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 疲れが取れるだけではない!睡眠で心臓と血管に休養を与えよう!睡眠の質を上げる方法

生活習慣病

疲れが取れるだけではない!睡眠で心臓と血管に休養を与えよう!睡眠の質を上げる方法

心身の疲れを癒す睡眠は、血管や心臓にとっても必要不可欠なものです。

睡眠中は心臓や血管の活動が完全に停止するわけではありませんが、緩やかに休めることができます。

 

きちんとした生活リズムで、質の良い睡眠を取ることは心臓と血管を癒し血管年齢を抑える効果が期待できるでしょう。

 

睡眠を取ることで、自律神経を交感神経優位から副交感神経優位に切り替え、体温を下げて血管を広げ心拍数と血圧を低下させることで血管と心臓を休めてくれるのです。そ

 

の効果を高めるには睡眠の質に注意が必要となります。

 

 

質の良い睡眠をとるために

 

起床時刻と睡眠時刻を一定にする。

 

生体リズムが整うことで自律神経の切り替えにもメリハリができ睡眠の質が上がる。

 

 

就寝前の入浴

入浴による体温の変化の過程で眠気が強くなり質の高い睡眠に入りやすくなる

入浴によって血管にも良い影響が起こる

 

質の高い睡眠を取るためにきちんとした生活リズム就寝前の入浴が効果的ですが、入浴に関してはお湯の温度に注意が必要です。

あまりにお湯の温度が高いと、血管が収縮し血圧が上昇するだけでなく、血小板が活性化して血管に血栓ができやすくなってしまいます。

風呂の温度は少し控えめにしておくのが良いでしょう。

 

また、入浴により水分が不足することも血管にはあまり良くないので、入浴前後に水分補給をしておくと良いでしょう。

 

 

(Photo by: //pro.foto.ne.jp/free/resize.php?image=images/images_big/sit0009-001.jpg)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

こんな生活習慣をしている人は要注意!高血圧になりやすい生活

  生活習慣病である高血圧は、普段の生活習慣や食生活が大きく影響していると...

血管年齢を若返らせる習慣

  ■血管の状態がその人の寿命を決めると言っても良いぐらい、血管の疾患は命に直...


血管も老化する・・・血管年齢の加齢を抑えよう!そのための5つの心得とは?

  人が高齢になり健康が衰えるのは、加齢と同じがそれ以上の速度で血管の年齢...

舌の筋トレで高血圧や無呼吸症候群を予防

  ■血流は酸素の運び係であり、その関係から血圧と呼吸は非常に密接に関わってい...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る