カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. 生理痛対策グッズを使いこなそう!< 温熱シート>

女性のカラダの悩み

生理痛対策グッズを使いこなそう!< 温熱シート>

 

温熱シート

下着の裏側や、腹巻に貼って使う女性用の温熱シートが、生理痛対策グッズとして人気を集めています。

 

・下半身を温めて、血の巡りをよくする

冷えは生理痛の大敵です。下半身が冷えると子宮から上手く経血が排出されないため、子宮を収縮させ、生理痛の原因にもなるプロスタグランジンの分泌が促進されてしまいます。

 

反対に下半身をしっかり温めると、血の巡りが良くなり生理痛をはじめとする生理の症状が軽減します。 長時間にわたり、程よく下半身を温められる温熱シートは、生理痛に良く効きます。

 

カイロタイプと蒸気タイプが主流

主な温熱シートは、カイロタイプです。

服に貼るカイロが、さらに薄くなったものをイメージしてください。薄いので、服の上からひびきません。

比較的安価で、持続時間も長いのでコストパフォーマンスが良いアイテムです。

 

最近人気なのが、蒸気が出るタイプの温熱シートです。 下着などに貼ると、蒸気がでて柔らかな熱を体の芯まで届けてくれます。 水分で体や衣服が濡れる心配はなく、リラックスにも良いと好評です。

ただ、持続時間が5時間以内で、カイロタイプに比べると値段が高いのが難点です。

 

温熱シートは、お腹側と背中側(腰)の両面から2枚で挟み込むように貼ると、生理痛により効果的です。 立ち仕事や、寒い場所での仕事が多い人には特に使っていただきたいアイテムです。

 

腹巻

普段から薄着で腰回りを冷やしていませんか?

生理痛の軽減には、お腹周りを中心に下半身を温めるのが必須です。 生理時の子宮は、子宮を収縮させ血液を体外へ排出します。慢性の冷えで血行が悪いと子宮が収縮しにくくなります。 そして血液が排出されないことで、子宮収縮ホルモンが分泌され、生理痛になります。

 

体が冷えるとこのホルモンの分泌が促進されるので、冷やさないことが大事です。昔からある「おなか温めグッズ」といえば、何といっても腹巻。腹巻を使いこなして、快適に過ごしましょう。

 

優れモノ腹巻が続々登場

腹巻といえば、子どもが寝る時に使うような毛糸の腹巻をイメージしがちですが、優秀な機能を備えた腹巻がたくさん出回っています。

 

◆とにかく薄い:服の上からもひびかない、薄手の腹巻が人気です。外出の際にも、しっかりお腹を温めてくれます。

 

◆保温性が高い:薄くても、保温性は劣りません。発熱効果や保温効果のある新素材が使われたり、遠赤外線効果のある素材が練り込まれていたりと、温める工夫が満載です。

 

◆季節を問わない:腹巻は冬のアイテムではありません。夏用に、蒸れにくいメッシュ素材や、汗を吸ってくれる絹製の腹巻もあります。冷房対策にも使えます。

 

◆一体型:腹巻がいつの間にかずれて、お腹の下の方でくしゃくしゃにならないよう、ガードルやショーツと一体になっています。もたつかずにスッキリしたシルエットを保てるので、仕事の時も着用できます。

 

用途、季節に合わせて何種類かの腹巻を用意し、うまく使い分けたいですね。

腹巻はほどよいフィット感が大切です。ガードルと一体型のものは、あまりキツい物を選ぶと、下半身を締め付けて血流が阻害されます。

サイズ選びはくれぐれも慎重に。

 

昔ながらの知恵「こんにゃく湿布」で生理痛対策

こんにゃく湿布の方法

こんにゃく(スーパーで売っている、普通の板こんにゃくでOK)を、熱湯で3分間煮て、乾いたタオルで包み、下腹部や腰にあてるだけです。

こんにゃく湿布を2つ用意して、下腹部と腰の2カ所を挟み込むように温めると、より効果的です。

 

使い終わったこんにゃくは、水を張った密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存すれば3~4回は使えます。

※くれぐれも、火傷に注意してください。

 

こんにゃく湿布の効果

こんにゃくには、熱を蓄える性質があるので、温かさが長時間持続します。 また、ただ温かいだけではなく、湿度(蒸気)をともなった熱が下半身を芯から温めます。 そのため、子宮周辺の血流を良くしたり、腰痛を緩和するといわれます。 また、余分な水分や老廃物の排出を促す、デトックス効果もあるそうです。

 

食材としても「体の掃除屋」と呼ばれるこんにゃくは、体の外からも内からも働きかけてくれるのですね。 昔ながらの知恵、こんにゃく湿布を試してみてください。

(Photo by://www.ashinari.com/2011/01/13-344788.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

入浴して体を温めよう!生理痛を軽くする入浴法をご紹介!アロマもおすすめです

入浴は、体を温める最も効果的な方法です。 生理痛がひどい時もしっかりお風呂...

丹田をマスターして生理痛を解消!(1)基本編

    丹田をマスターして生理痛を解消!(1)基本編    生理痛に...


生理中の睡眠不足で情緒不安定になる?

月に一度やってくる『生理』、体も心も不調を訴えることで悩んでいませんか?不調...

生理時の睡眠不足にはこれ!副交感神経を高めて快眠しよう!

生理時の睡眠不足辛いですよね。経血のモレが気になったり、腹痛や腰痛で寝付けなか...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る