カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 対処法 >
  6. 温め >
  7. 昔ながらの知恵「こんにゃく湿布」で生理痛対策しよう!デトックス効果も

女性のカラダの悩み

昔ながらの知恵「こんにゃく湿布」で生理痛対策しよう!デトックス効果も

生理痛に悩むのは、現代の女性だけではありません。

生理痛をどう和らげるかというのは、昔から女性の悩みでした。

そこで、民間療法として古くから伝わる「こんにゃく湿布」をご紹介します。

 

昔ながらの知恵「こんにゃく湿布」で生理痛対策

こんにゃく湿布の方法

こんにゃく(スーパーで売っている、普通の板こんにゃくでOK)を、熱湯で3分間煮て、乾いたタオルで包み、下腹部や腰にあてるだけです。

こんにゃく湿布を2つ用意して、下腹部と腰の2カ所を挟み込むように温めると、より効果的です。

 

使い終わったこんにゃくは、水を張った密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存すれば3~4回は使えます。

 

※くれぐれも、火傷に注意してください。

 

こんにゃく湿布の効果

こんにゃくには、熱を蓄える性質があるので、温かさが長時間持続します。

また、ただ温かいだけではなく、湿度(蒸気)をともなった熱が下半身を芯から温めます。

そのため、子宮周辺の血流を良くしたり、腰痛を緩和するといわれます。

また、余分な水分や老廃物の排出を促す、デトックス効果もあるそうです。

 

食材としても「体の掃除屋」と呼ばれるこんにゃくは、体の外からも内からも働きかけてくれるのですね。

昔ながらの知恵、こんにゃく湿布を試してみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/04/13-346815.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

温めに関する記事

冬には生理痛がひどくなる…その理由は冬の寒さにあった!冬の生理痛には○○が効果アリ!

女性特有の悩みと言えばやはり生理痛です。生理痛が重いと、生理が来る前から憂鬱に...

生理痛軽減のカギ!「温活」とは?

  生理前や生理中に起こるズキズキとした下腹部の奥の方の痛みや、子宮がぎゅーっ...


生理痛対策グッズを使いこなそう!(3) 腹巻

    生理痛対策グッズを使いこなそう(3)腹巻    生理痛の軽減...

生理中の冷え防止!布ナプキンで体の冷えを予防できる?!

生理痛で悩んでいる方…どんな対策をしていますか?生理痛で毎月悩んでいる人の悩...

カラダノートひろば

温めの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る