カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 原因 >
  5. 勘違いしてない?血管の危険因子は血圧じゃない~本当に怖いストレスの話~

生活習慣病

勘違いしてない?血管の危険因子は血圧じゃない~本当に怖いストレスの話~

 

一般に動脈硬化を引き起し、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるのは高血圧が原因とされています。

そのために、現在の医学でも
血圧を下げることに熱心になって様々な治療法が生み出されています。

しかし血管の本当の危険因子は血圧ではなく、
ストレスです。

高血圧状態が継続し血管の負担となるのは、ストレスが原因によって引き起される現象なのです。

 


ストレスによる血圧上昇

 


1.人体はストレスを感じるとそれに対抗するためにエネルギーを必要とする。


2.ストレスが過剰となると、
交感神経が緊張し、血圧を上げて血流を高めエネルギー消耗を抑える防御反応を起こす。


3.
防御反応によって高血圧となり、その後もストレスが継続していると、交感神経の緊張が解かれることはなく血圧もそのまま維持される。


4.一日中高血圧で血管が休まることなく、負担を受け続け
血管病リスクが高まることに。

 


高血圧自体は、人体の隅々まで血液を送り届けるために必要な機能です。

しかしストレスによってその働きが乱され、
一日中高血圧の状態が維持されるようになっては、健康に害となる機能となってしまいます。


問題となるのはストレスです。

ストレスによる過剰な緊張状態を回避するためにも、正しい生活リズムによりぐっすりと睡眠を取ることで、日頃のストレスをリセットすることが有効な対策となります。

 

 

 

 

(Photo by: //pro.foto.ne.jp/free/resize.php?image=images/images_big/poo0009-001.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

高血圧の原因は何?生活のいろんな場所に潜んでいる高血圧の原因を徹底紹介!

血液が心臓の動きによって全身を巡るのは、人が生きている中でとても基本的な動き...

だるさと高血圧をつなぐ原因疾患

  高血圧症にははっきりとした発症の原因が分からない高血圧症と、何らかの原因に...


お酒の飲み過ぎは脳卒中のリスクが高い「早朝型」高血圧の原因にも!

  中高年の半数近くに高血圧がみられると言われています。健康診断で血圧が高...

体温の高さと高血圧には関係がある!低体温の人は注意!

  自分の平熱が何度くらいかというのは分かっている人も多いと思います。一般的に...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る