カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. その他 >
  5. 入浴するだけで血圧を下げられる!?簡単おススメ療法、和温療法とは?

生活習慣病

入浴するだけで血圧を下げられる!?簡単おススメ療法、和温療法とは?

 

六十度のサウナで身体を温め、毛布で保温して安静にすることで、末梢血管の血流を促進し血圧を下げる和温療法というものがあります。
身体を温め、保温することで血管中の一酸化窒素を増やし、血管拡張反応を改善させ血流を促進するのです。

非常に効果的な方法ですが、日本ではサウナに入れる機会など非常に限られています
そこで家庭でも簡単に和温療法ができる方法が考えられました。

家庭用の風呂で半身浴することでサウナの代用とするのです。



家庭でできる和温療法


1.四十一度の水温の風呂に半身浴
お湯の水面をへそのあたりに調節
入浴の時間は十分程度


2.半身浴の後にすぐに毛布にくるまり安静に
安静にする時間は三十分程度

この方法でも、身体を温め保温することで和温効果が得られます
注意点は半身浴中水分補給を忘れないこと、そして少しでも体調が悪くなればすぐに中止することです。

家庭で簡単に行える方法ですが、それだけに専門家も監視する人もいない状況で行う療法ですので、細心の注意を払って行わなければなりません。
できれば家族の人に見守ってもらうのが良いでしょう

入浴することで副交感神経が優位になりリラックス効果が得られ、動脈硬化による閉塞性動脈硬化症にも効果が期待できます。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1700)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

温度差が出やすい入浴時は発作が起きる可能性も?高血圧の人の入浴時の注意点

  血圧は1日のうちでも時間帯によって変動しており、気温によっても左右され...

抜歯はできる?麻酔はOK?高血圧の人が歯科治療を受けるときの注意点

高血圧である場合、歯科治療を受けるときにも健康な人に比べ注意が必要です。   ...


精製塩より天然塩!?天然塩を選ぶと血圧に影響がある?

  高血圧の原因として塩分が良く言われます。しかし、実際には減塩が必要なのは、...

降圧治療が必要?悪性高血圧の種類とそれぞれの病態への対処法

  高血圧の中には緊急的に処置をしなければ危険な高血圧緊急症(悪性高血圧)があ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る