カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 食材 >
  6. 血管の若さの秘訣は大豆!脳出血や脳梗塞予防にも~大豆の成分4つとその効用

生活習慣病

血管の若さの秘訣は大豆!脳出血や脳梗塞予防にも~大豆の成分4つとその効用

大豆を毎日意識して食べる事で、血管の若さを保ち、脳出血脳梗塞を予防することができます。

大豆は非常に優れた健康食品であり、その成分には様々な効用が備わっています。


大豆の効用


大豆サポニン
大豆を煮るとでる泡のもととなる成分で、血中の中性脂肪コレステロールを排除し、強い抗酸化作用を持っている。


リノール酸
コレステロールを肝臓に閉じ込め、血中のコレステロールを下げる働きがある。


オレイン酸
酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らす作用を持つ。


レシチン
血管にこびりついたコレステロールを溶かし、排出する作用がある。

以上のように、大豆には中性脂肪やコレステロールを排除し、抗酸化作用によって動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。

大豆を意識して摂取するとしても、元々大豆は日本人の食生活に欠かせない食材です。
味噌豆腐はもちろんのこと、納豆きなこ豆乳など少し見渡せば大豆を原料とした食品は山ほどあります。

より安価に大豆成分を摂取したいのなら、大豆の絞りかすであるおからなどが安く、しかも美味しく大量に大豆成分を摂取することができるでしょう。

また、郷土料理である呉汁は、大豆をそのまますりつぶした汁で、大豆丸ごとの栄養分をそのまま飲むことのできる優れた料理で、お勧めです。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/6906)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

トマトでカリウムを摂取しよう

高血圧改善の食事で気をつけたいのはナトリウムを摂りすぎないように減塩することです...

モロヘイヤを食べよう!

  栄養満点のモロヘイヤ!その語源はさかのぼること古代エジプト、アラビア語で「王...


ウーロン茶で高血圧サポート

ウーロン茶はポリフェノールがたっぷり!ウーロン茶ポリフェノールは血圧の上昇を抑え...

身体の冷えが高血圧を招く!?ショウガ紅茶で高血圧を改善しよう!注意すべき意外なものとは?

  ■最近、冷えに悩む日本人が増えているそうですが、身体の冷えが高血圧を招くと...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る