カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 血圧を安定させるには副交感神経をアップする

生活習慣病

血圧を安定させるには副交感神経をアップする


高血圧になる原因は、加齢などの影響で血管が収縮し狭くなり、血圧を上げなければ末端まで血液が行き届かなくなるためですが、その血圧を高めるのを決めるのは自律神経です。

 

自律神経の交感神経が血管を収縮し、副交感神経が血管を拡張する役割があります。

 

副交感神経と血圧

自律神経とは心臓など人が意識せずに自立して動かす器官を司る神経であり、高血圧は自律神経の副交感神経の働きが衰えることで、血圧が高いままで維持されると言うことでもあるのです。

 

こうなると血管を拡張し、血流を改善してもすぐに血圧が下がることになるとは限らなくなります。

血流を改善して血圧を下げても良いと言うことを自律神経が感知するには副交感神経の働きも同時に改善しないといけないのです。

 

その副交感神経の機能をアップさせるために有効なのが、手首にある副交感神経ポイントのマッサージです。

 

1.手の甲を上にして、手首の両側の突起の中間が副交感神経ポイント。

2.この副交感神経ポイントを反対の手の親指で三十秒を目安に揉む。

3.このマッサージを両手で行うことで副交感神経が活性化n>する。

 

副交感神経などの自律神経は、人の意識と繋がっておらず、一旦乱れると元に戻すことが難しい部分でもあります。

 

偏った生活リズムや睡眠不足などでも乱れるため、この副交感神経ポイントを覚え、何かあったときに実行することで、高血圧など自律神経に関わる症状を緩和することが期待できるでしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

高齢になるほどなりやすい高血圧!高齢者の高血圧の5つの特徴と予防法

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

    高齢になるほど、高血圧の人が増えてきます。ところがその一方で、高齢者の高血圧にはさまざまな特...

生活習慣に関する記事

血圧は冬場の方が高い!?気温により血圧が変動する仕組みと対策について

    血圧は気温に左右されやすく、気温が低いと血圧が上がります。冬場は特に...

血管を揉む?!硬い血管を拡張する簡単な血管マッサージ方法

    血管は加齢と共に老化し、堅く狭くなって血圧がどんどん高くなってしまうのは...


しっかり予防して高血圧を防ごう!そのための3つのポイントとは?

  国民病とも言われる高血圧かどうかを判断する血圧検査は健康診断の検査内容...

高齢になるほどなりやすい高血圧!高齢者の高血圧の5つの特徴と予防法

高齢になるほど、高血圧の人が増えてきます。ところがその一方で、高齢者の高血圧に...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る