カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 舌の筋トレで高血圧や無呼吸症候群を予防

生活習慣病

舌の筋トレで高血圧や無呼吸症候群を予防

 

血流は酸素の運び係であり、その関係から血圧と呼吸は非常に密接に関わっています。
呼吸のトラブルによって酸素不足になる事で、血圧が上がることもあるのです。

普段起きている時ならば酸素不足になれば呼吸を意識して補うことができるでしょう。しかし睡眠中はそうはいきません。

睡眠中はただでさえ口の中が渇きやすく、唾液が不足すると不快感から副交感神経の働きが阻害されてしまうのです。
副交感神経による血管の拡張が起こらず、睡眠中でも血圧が高いままなってしまいます。

さらに悪化すると、睡眠中の呼吸が途絶えてしまう睡眠時無呼吸症候群となってしまうのです。
酸素不足によって心筋梗塞などのリスクが高まってしまいます。

睡眠時の呼吸を改善するには舌の筋肉を鍛えることが有効です。
舌の筋肉が衰えると睡眠中口が開きやすくなり、それが唾液の不足を促すのです。更には舌がのどに落ち込みやすくなり無呼吸症候群を引き起します。

舌の筋トレ

 

1.口を大きく開け「あー」
2.口を大きく横に広げて「いー」
3.口を大きく前に突き出す「うー」
4.舌を突き出し「べー」
以上のセットを一日三十回を目安に行う。

舌の筋トレによって舌の舌筋の衰えを防止し、睡眠中の呼吸が改善されます。
睡眠の質が上がることで副交感神経の働きが向上し、血圧が安定し高血圧を改善してくれるのです。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/480)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

血管の老い予防も高血圧対策になる!

  若い頃にはある程度無理をしても、体はついてきてくれました。しかし、ある程度...

発作を起こさないための入浴と食事の順番

  熱~いお風呂が大好きな方もいらっしゃると思いますが、高血圧の方にと...


塩分摂取量を下げよう!高血圧予防のための生活習慣改善

日本における高血圧患者の約9割は本態性高血圧と呼ばれ、そのほとんどの原因が生活...

しっかり予防して高血圧を防ごう!そのための3つのポイントとは?

  国民病とも言われる高血圧かどうかを判断する血圧検査は健康診断の検査内容...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る