カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ピロリ菌 >
  5. 本当は怖いピロリ菌の話~胃炎・胃潰瘍・胃がんのリスク増大~

気になる病気・症状

本当は怖いピロリ菌の話~胃炎・胃潰瘍・胃がんのリスク増大~

 

ピロリ菌」、どこかで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

この、ちょっぴり可愛らしい(?)名前の菌は、胃の中で生きている菌です。

 

可愛らしい名前とはうらはらに、ピロリ菌は胃炎の原因となり、ピロリ菌の保菌者は胃潰瘍や胃がんになりやすく、大腸がんを併発しやすい、といったことが知られています。

 

○ ピロリ菌の発見

 

ご存じの通り、胃の中はpH1~2という強酸性、塩酸の海です。

昔から菌のようなものは発見されていたにもかかわらず、菌が住めないという意見が優勢だったため、それが胃の由来の菌なのか、菌を分離する際に他の部分の菌が混ざっている結果なのか、分かりませんでした。

 

間違いなく、胃に住んでいるという菌が発見されたのが、1983年、意外と最近のことです。

 

胃の出口、幽門(ピロルス)付近から発見されたため、ピロリ菌と名付けられました。(ヘリコバクター・ピロリ:Helicobacter pylori

 

発見者らは、後にノーベル賞を受賞しています。

それだけ大きな発見だったということですね。

 

○ ピロリ菌が感染すると…

 

ピロリ菌が胃の中でなぜ生きられるかというと、「ウレアーゼ」という酵素を出しているから。

ウレアーゼは胃の中の尿素を分解し、アンモニアを作ります。

アンモニアはアルカリ性なので、胃酸を中和することができ、ピロリ菌が生き延びることができます。

 

しかし、このアンモニアやウレアーゼなどが、胃粘膜に対して様々な障害をもたらします。

 

結果として、萎縮性胃炎(慢性胃炎)胃潰瘍十二指腸潰瘍胃がん特定のリンパ腫など、胃を中心とする様々な病気が発症してきます。

 

ちなみに、ピロリ菌の発見者、マーシャルは、自分で培養したピロリ菌を飲み、胃炎を発症。

ピロリ菌由来の胃炎の存在を証明しています。

 

 

可愛らしい名前の、可愛らしくない菌。

なるべくなら、関わりたくないものですね。

 

 

 [Photo by //www.ashinari.com/2012/07/02-364521.php]

著者: suzuさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ピロリ菌に関する記事

ピロリ菌の様々な感染経路

  ピロリ菌は日本人の半分が感染しています。しかし、人はどの時点で感染するので...

知らないと損する!?胃がんの原因、ピロリ菌の予防法と除菌法

  「ピロリ菌」ってご存知ですか?   なんだか、アニメにでも出てきそうな可愛...


胃がんの原因は細菌!?意外すぎるピロリ菌と病気の関連

  日本人は恵まれた衛生環境だからか、食べ物の違いからか、それとも遺伝子的にな...

胃潰瘍、胃炎など…病気の原因になる「ピロリ菌」について

ピロリ菌は胃の粘膜に住みつく、らせん形をした菌で、強い酸性の胃液の環境の中でも...

カラダノートひろば

ピロリ菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る