カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. ストレスからくる急性胃腸炎

気になる病気・症状

ストレスからくる急性胃腸炎

食中毒などの細菌性胃腸炎や、ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎。胃腸炎も様々ですが、ストレスも原因になりうる、ってご存知でしょうか?

 

○ 急性胃腸炎

急性胃腸炎とは、急に発熱や腹痛、下痢やおう吐などの症状が現れる、胃腸の病気です。原因は、食中毒やウイルス感染など様々ですが、ストレスも主な原因の一つとなります。

 

○ ストレスがなぜ原因に?

ストレスを受けると、人は脳に刺激を受けます。この刺激は自律神経から消化管へと伝えられ、胃腸の運動が活発になります。

 

胃なら胃酸分泌を促進させ、消化管の血流が減少します。そして、過剰量の胃酸が胃粘膜を荒らしてしまうのです。

 

○ アルコールや暴飲暴食も

胃腸は食べたものを消化するのが主な役割です。そのため、ストレス発散!と称してアルコールをたくさん飲んだり、たくさん食べたり、ということが続くと、直接的に胃腸に負担をかけることになります。

 

自律神経で荒らされた胃腸に、ダブルパンチの状態で、症状が重くなることもあります。ストレス発散を飲食に求めるのも、ほどほどにしておきましょう。

 

○ ストレス解消のために

現代人は、大人も子供もストレス過多状態。どこで気を抜けば…という状態かもしれませんが、軽くストレッチをしたり、歩くときに手を大きく振ったりするだけでも、体がリラックスします。

 

また、睡眠や読書、音楽など、自分だけのストレス解消法を見つけておきましょう。

 

ストレスは万病のもと。まったく無くすのは難しいかもしれませんが、少しずつ発散したいものですね。 

[Photo by //www.ashinari.com/]

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

刺激のある食事は急性胃腸炎になりやすい!?

  急性胃腸炎は、インフルエンザなどのウイルスやストレスなどによって、胃酸...

お酒を飲んだ翌日に激しい嘔吐と下痢なら急性胃腸炎かも!?

年末年始、クリスマスやお正月、忘年会や新年会など、何かとお酒を飲む機会が増え...


過労や睡眠不足でも急性胃腸炎になる!?肉体的ストレスには休養が大切です

ストレスが原因での急性胃腸炎は、現代人に多い病気としてあげられます。これは、日...

ストレスが原因の急性胃腸炎を防ぐには?

  現代人に多い、ストレスが原因の急性胃腸炎。 家庭や学校、職場での人間...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る