カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. C型肝炎 >
  5. もしもあなたがC型肝炎キャリア/C型肝炎だったなら。どうする?

気になる病気・症状

もしもあなたがC型肝炎キャリア/C型肝炎だったなら。どうする?

 

C型肝炎発症者、およびウイルスの保有者(キャリア)は、日本で200万人にのぼると言われています。

割合にして1%以上、けして少ない数ではありません。

 

健康診断などの血液検査で、肝炎の可能性があると言われた場合、どうすればよいのでしょうか

 

○ C型肝炎

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染により肝臓に炎症が起こる病気です。

ウイルスは血液感染ですが、感染するような覚えがない、と思われる方も、実は注意が必要です。

C型肝炎ウイルスが特定されたのは、1989年。実はそれほど前のことではありません。

 

1992年以前に、輸血を受けたことがあったり、大きな手術をした出産時に大量出血した場合など、輸血の処置により感染している可能性もあるのです。

 

ウイルスに感染しても3割ほどの方は発症しませんし、肝臓は「沈黙の臓器」。

肝炎を発症していても、自覚症状がほとんどないこともあるのです。

 

○ 肝炎を発症していると言われたら

【できるだけ普段通りの生活をする】

昔は、肝臓に負担をかけないためにも、安静にすることが推奨されてきました。

しかし、C型肝炎の場合は、体力を落とさないように、適度の運動をするよう勧められています。

 

【食事の内容に注意】

肝臓に負担のかからない食事をすることが推奨されます。

アルコールを避け、栄養バランスの整った食事を摂りましょう。

ただし、カロリー不足には注意します。

 

肝炎を発症すると、食欲がなくなることもありますので、どうしても食べる気にならないときは、1回の食事を多くするなどして、トータルで補うようにします。

 

【他の人にうつさないようにする】

血液感染するC型肝炎ですが、実は、感染力は弱いウイルスです。

体に触れたり、一緒に入浴する程度で感染することはありません。

 

ただし、血のついたものをを処分するときは注意が必要です。

しっかりと他のもので包んで捨てましょう。

献血は禁忌です。

 

医師にしっかり相談しつつ、健康な生活を送りましょう。

 

[Photo by //www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

C型肝炎に関する記事

21世紀の国民病、あなたは知っていますか?0C型肝炎0

  CMなどで、啓蒙活動を行っている、C型肝炎。 耳にしたことがある方は多いと...

C型肝炎の救世主!副作用少なくウイルスを排除!「ハーボニー」についてまとめ

肝臓がんの主な原因は肝炎ウイルス感染が9割ということをご存知でしょうか。 ...


予防ワクチンがないC型肝炎 私たちにできる予防法を紹介

  C型感染は人から人に感染することのある感染症です。主な感染経路としてはC型...

ここまで変わった治療法!進化するC型肝炎療法とはどんなもの?

    肝硬変の原因として最も多いC型肝炎の治療法は進化し続けています。 ...

カラダノートひろば

C型肝炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る