カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. メラノーマ >
  5. メラノーマ(ほくろのがん)ってなぁに?

気になる病気・症状

メラノーマ(ほくろのがん)ってなぁに?

 

メラノーマ、って聞き覚えのある響きではないでしょうか。

皮膚癌の一種で、最もたちが悪い、と言われているがんなのです。

 

○ メラノーマ

皮膚の中には、メラニン色素を産生する細胞があります。

髪の色やほくろ、しみの色などがメラニン色素によるものなのですが、この色素細胞(メラノサイト)が癌化したものが、メラノーマと呼ばれます。

 

アフリカ、アジアより欧米の方が発生率が高く、オーストラリアでは発生率が世界一と言われています。

白人は皮膚の色素が少なく、紫外線に対する防御が弱いためと考えられています。

 

○ メラノーマとほくろの違い

ほくろは、母斑細胞(ほくろ細胞)という細胞の集団からなり、色素細胞(メラノサイト)由来のメラノーマとは、そもそもの成り立ちが違います。

しかし、どちらもメラニン色素を産生し、皮膚上にできるという点では同じ。

 

また、母斑細胞が色素細胞に変化するかしないか、という論争は、学会でも結論が出ていません。

通常のほくろは、簡単に悪性になることはないと考えられていますが、ほくろだと思っていたら、実はメラノーマの始まりだった、ということもあります。

 

○ 発生する部位

メラノーマを発症した人のうち、日本人では3割程度が足の裏に発生しています。

足や指の爪の部分にも、多く発生します。

また、皮膚のどこにでも、発生することが知られています。

体の中の皮膚、つまりは、口の中や、まれに食道や直腸にできることもあります。

 

早期発見では、ほぼ治るメラノーマ

今までなかった場所にほくろの様なものを見つけた場合は、なるべく早く皮膚科にかかりましょうね。

 

[Photo by //www.ashinari.com/2012/08/23-367787.php]

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メラノーマに関する記事

日焼けサロンでメラノーマ!?

  ほくろの癌といわれる、皮膚癌の一種・メラノーマ。 癌の中でも悪性度が...

足裏のほくろに要注意!

  ほくろは全身のどこにでもできるもので、大体の人が体に1つや2つはほくろ...


メラノーマはなぜ発生するの?

  皮膚癌の中でも、特に恐れられているのがメラノーマ、ほくろの癌です。 ...

メラノーマ(ほくろのがん)の種類

  初期状態がほくろと似ていることもある、皮膚癌の一種、メラノーマ。 たちが悪...

カラダノートひろば

メラノーマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る