カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. メラノーマ >
  5. メラノーマ(ほくろのがん)の種類

気になる病気・症状

メラノーマ(ほくろのがん)の種類

 

初期状態がほくろと似ていることもある、皮膚癌の一種、メラノーマ

たちが悪いと言われる癌ながら、早期発見によって、予後は非常に良好となります

 

メラノーマの種類を知っておくことで、早期対応を可能にしましょう。

 

○ 悪性黒子型

一般的に、60代以上の高齢者に多く見られるメラノーマです。

顔や首、手の甲など、日光を直接浴びやすい露出した部分に多く発生することが特徴です。

最初は茶色~黒っぽいあざのような感じで出てきます。これは前駆症の状態で、数年以上存在することがあります。

やがて、進行速度が増していくごとに黒くなり、色素斑の広がりも大きくなっていきます。一部が固くなったり、瘤のように膨らんだりします。

発症年齢が高いことから、メラノーマの中では比較的成長はゆるやかであり、治癒する確率が最も高いといえます。

 

○ 表在拡大型黒色腫

ほくろの細胞(母斑細胞)から発生すると考えられており、全身のどこにでも発生する可能性があります。

一般的には50歳代の発症率が多いものの、子供から老人まで幅広い年齢層で発生します。

 

少し盛り上がったあざが発生し、進行していく毎に色がまだらに変化し境界が不明瞭になっていきます。

比較的緩やかに進行しますが、悪性黒子型よりは治癒率が低い傾向にあります。

 

○ 結節型黒色腫

全身どこにでも発生しますが、ほとんど前駆症がなく、初めから急速に皮膚が盛り上がることが特徴です。

主に40-50代に多いものの、幅広い年齢層で発生しています。また、日本人の症例が2番目に多いタイプです。

初期に盛り上がった皮膚は、初めは茶色から黒、だんだんと濃い黒や濃淡混ざった色となります。

中には血管性腫瘍のように見えるものも存在します。

転移することも多く、最も悪性度が高いと言われています。

 

○ 末端黒子型黒色腫

日本人に最も多いタイプで、足の裏や手のひら、爪などの末端部に発生します。

前駆症として、茶から黒、次第に中央部を中心に濃い黒となり、固く瘤になったりします。

爪は、黒褐色の筋が縦にできることが特徴で、爪が割れたり、爪周囲の皮膚にもシミができたりします。

 

 

同じメラノーマであっても、症状や進行する速さは様々。

気になる症状があったら医師に相談することはもちろんですが、メラノーマを宣告された時は自分がどのタイプなのかをきちんと確認しましょう。

 

「Photo by //www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php」

著者: suzuさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メラノーマに関する記事

メラノーマ(ほくろのがん)を早期発見するために

  ほくろのがん、ともいわれる、メラノーマ。 皮膚癌の一種で、たちが悪い...

メラノーマ(ほくろのがん)ってなぁに?

  メラノーマ、って聞き覚えのある響きではないでしょうか。 皮膚癌の一種...


爪の黒い筋はガンの一種「メラノーマ」?爪の内出血と間違いやすい症状

爪の内出血に症状が似ているのが、皮膚ガンの一種「メラノーマ。日本国内でメラノ...

日焼けサロンでメラノーマ!?

  ほくろの癌といわれる、皮膚癌の一種・メラノーマ。 癌の中でも悪性度が...

カラダノートひろば

メラノーマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る