カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 制度 >
  5. リウマチと身体障がい者手帳

関節痛・腰痛

リウマチと身体障がい者手帳

 

リウマチ患者は、程度によっては身体障がい者手帳交付の対象となることがあります。

 

●身体障がい者手帳とは?

 

身体障がい者が交付される『身体障がい者である』ということの証明の手帳です。

身体障がい者は等級上は7級まであり、実際には6級まで手帳の交付となっています。

リウマチの場合も1級から6級までのいずれかに属すれば身体障がい者手帳の交付対象となります。

1級が最も重度6級が最も軽度のリウマチです。

リウマチの他に視覚障害や聴覚障害、心臓の障害などを持っている方にも症状や日常生活の不便さの度合いに応じた等級が付加されます。

 

●身体障がい者手帳のメリットは?

 

リウマチにしてもほかの病気にしても言えることですが、身体障がい者手帳が交付されることによって福祉サービスが受けやすくなります

福祉機器、生活に必要な義肢や杖、車いすなどの交付も受けられます。

所得税、住民税においては障がい者控除がありますし、鉄道などの割引制度も利用できます。

 

●どうやって手続きをするの?

 

手続きのためには、まず市町村の窓口で『身体障がい者診断書・意見書』というものを請けとり、医師に診断書を作成してもらいます

この場合の医師は障がい者判定の資格を持っている医師でなくてはいけませんのでよく確認してください。

後は、診断書と顔写真を窓口に提出し、交付を待ちます。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/08/20-339936.php)

著者: つぼみさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

制度に関する記事

リウマチで悩む方が知って得する!介護サービスを利用しよう

  リウマチの末期になると体を動かすのも簡単ではありません。 仕事はやめなけ...

リウマチでも一般の医療保険に入れる?

  医療保険は今や多くの方が利用しています。 公的な医療保険ではなく、民...


リウマチの治療費を医療費控除で減らす

  リウマチの治療費は高額で、なおかつ長期に渡って治療費がかかるというデメ...

リウマチと特定疾患治療研究事業

  リウマチは特定疾患治療研究事業の対象となっています。   ●特定疾...

カラダノートひろば

制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る