カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

腎臓が持つ4つの働き

 

 

腎臓が体の中でどのように働いているのかを4つに分けてみていきます。

 

●老廃物を出す

 

腎臓の代表的な働きと言われています。

食べ物を食べてもすべてが栄養になるわけではありません。

また、人間の体の中で老廃物が生まれることもあります。

腎臓は血液をろ過することによって老廃物を体の外に出す働きを担っています。

正確に言うと、老廃物とそうでないものを分ける働きも持っています。

腎臓があることで尿に老廃物を混ぜ込ませて体外に出せるのです。

なお、固形の老廃物は便として大腸から出ていきます。

 

●血液を作る

 

腎臓は血液のろ過も行っていますが、血液を作る働きもあります。

血液を作るためには腎臓だけではなく骨髄も必要です。

血液を直接作るのが骨髄、骨髄に血液を作るように促すのが腎臓から出るホルモンです。

 

●血圧の調整

 

年を取ってから高血圧に悩まされているという方もいるかもしれません。

腎臓は血圧を調節する働きがあるので、腎臓の働きが低下することによって高血圧になったり、逆に高血圧のせいで腎臓の働きが低下することもあります

 

●体液量の調整

 

血液の他にも、体の中には体液があります。

腎臓は体内に流れる体液量を調整して体を正常な状態に保つというはたらきも持っています。

 

このように腎臓は数多くの働きを持っている器官です。

 

(Photo by: //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=6906)

著者: ユウギリさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

腎臓と腎の違い

  腎臓と腎という言葉は違います。 一見すると同じ漢字を使っているし、同...

入院も必要!?腎生検とは

  腎臓病の検査と言えば血液検査、尿検査が一般的ですがそのほかの検査もあり...


見逃せない腎臓病の初期症状

腎臓病は早期発見、治療が大切です。 慢性腎炎や慢性腎不全だとどれだけ早いう...

尿検査の前の注意点

  腎臓病かどうかを確かめるための検査のひとつが尿検査です。 尿検査だけ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る