カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 基礎知識 >
  5. 知っていますか?日本人がかかりやすい4種類の腎臓病とは一体何?

気になる病気・症状

知っていますか?日本人がかかりやすい4種類の腎臓病とは一体何?

 

日本人がかかりやすいと言われている4種類腎臓病を説明します。

 

●腎炎

 

腎臓にあるろ過装置である糸球体炎症が起きる病気腎炎です。

腎炎には急性腎炎慢性腎炎があり、慢性腎炎の90%以上は原因不明と言われています。

また、大人よりも子供がかかりやすい病気というのも腎炎の特徴です。

腎炎の患者は体内のろ過装置が上手く働いていないということになりますので、ある程度水分・食事などを制限しなければなりません。

 

●腎不全

 

腎炎と似ていますが、炎症よりも腎臓そのものの機能が働かないという症状があるのが大きな問題です。

腎臓機能が何らかの理由で低下しているのが腎不全の特徴で、慢性腎不全と急性腎不全に分かれています。

急性腎不全の場合は自然に回復することも多いですが、慢性腎不全の場合は透析などで人工的に腎臓の機能を補わなければなりません。

 

●ネフローゼ症候群

 

ネフローゼ症候群も腎炎や腎不全と同じように腎臓の機能が低下するものです。

ですが腎炎とは違い、炎症を起こすわけではありません

ネフローゼ症候群の場合は体に必要なものを糸球体が取り込めなくなります

体に出る症状はだるさむくみなどが中心となります。

 

●腎臓がん

 

日本人の2人に1人がかかる病気と言われているのががんです。

悪性腫瘍が臓器に出来てしまうのががんという病気で、腎臓にがんができることもあります。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2013/01/31-375834.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

わかりやすく紹介!「腎臓」ってどんな臓器?なにをするの?

  体内で血液を作る骨髄の働きを促したり、血液のろ過を行って老廃物とそうでない...

腎臓病の2つの検査

  腎臓病の検査には尿検査、血液検査があります。 基本はこの2つの検査で...


腎臓病は何科で見てもらうの?日本人がかかりやすい4種類の腎臓病とは一体何?検査の前の注意点

病院にはそれぞれ担当する科があります。例えば怪我なら形成外科や整形外科、お腹...

尿検査の前の注意点

  腎臓病かどうかを確かめるための検査のひとつが尿検査です。 尿検査だけ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る