カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 腎不全 >
  5. 急性腎不全と慢性腎不全の違いとは

気になる病気・症状

急性腎不全と慢性腎不全の違いとは

腎不全とは腎臓の働きが失われるという病気です。

正確には腎臓の機能が正常時の3割を下回った状態を指しています。

腎臓の中でろ過の役割を果たしている糸球体の機能が60%以下になると腎不全と言われます。

 

●急性腎不全と慢性腎不全

 

腎不全には急性腎不全慢性腎不全があります。

急性腎不全は腎前性腎性腎後性3つに分かれています。

腎前性は腎臓そのものに問題があるわけではなく、敗血症など別の病気が原因のものです。

腎性は腎臓に問題があるために起きる急性腎不全、腎後性は尿を排出する段階での問題があるために起きる腎不全です。

慢性腎不全の場合は急性腎不全のような分け方をしません。

原因となる病気は、腎臓関連の病気もあれば尿路に関する病気もあります。

 

●急性腎不全と慢性腎不全の違い

 

急性腎不全と慢性腎不全の違いは、どれくらいの時間で腎臓が正常に動かなくなったかによって異なります。

急性腎不全の場合は名前の通り急に働かなくなった場合です。

慢性腎不全は数年、人によってはそれ以上の時間をかけて徐々に腎臓の働きが悪くなるという違いがあります。

症状の違いも一部見られます。

急性腎不全の方が症状の現れ方が急激なので、意識混濁などの急性症状が現れやすいです。

一方で慢性腎不全は症状の進行がゆっくりです。

 

(Photo by: //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=38737)

著者: ユウギリさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎不全に関する記事

貧血に注意!腎不全と貧血

  腎臓は赤血球を作るはたらきに関わっています。そのため、腎不全になると貧...

慢性腎疾患で合併症として引き起こされる後天性腎性尿崩症とは

      尿崩症とはどんな病気? 尿崩症は、体内の水分が尿として排出さ...


透析の副作用

  腎不全になると行うのが透析です。 透析は末期腎不全患者に行われ、腎臓...

透析を始めたらもう治療がいらない?

      慢性腎臓病がステージ4以上になると、腎臓の代わりをしてくれる透...

カラダノートひろば

腎不全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る