カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. もしかして水虫?たくさんの種類がある水虫の症状

気になる病気・症状

もしかして水虫?たくさんの種類がある水虫の症状

あし

 

まず水虫とはどんな病気でしょうか。

水虫は白癬菌というカビが表皮に住み着くことで起こる、皮膚の病気です。水虫は白癬菌が足にくっついた場合の呼び名で、足以外で菌が増殖するとタムシやシラクモなどと呼び名が変わります。

 

一般的には足の指の間などが白くなってかゆくなるという症状が認知されているかと思いますが、それ以外にも症状のバリエーションがあるため注意する必要があります

 

しかん型

 

できる場所は足の指の間と一番多い症状です。指の間の皮がむけてかゆみと痛みを感じます。

 

小水疱型

 

足全体に水疱ができます。他の病気でも似たような症状が出るものもあるため区別がつきにくいです。足の皮が厚い部分にできるとかゆさをあまり感じない場合もあります。

 

あとは少数派です。

 

爪白癬

 

爪に菌が増殖して、白く硬くなります。爪にできた場合は痛くもかゆくもないです。普通の水虫より長期の治療が必要です。

 

角質増殖型

 

最初からこの症状になるわけではなく、水虫が進行して足の角質全体が厚くなり白くなります。こちらも長期の治療が必要になります。

 

水虫は専門の医師でも見ただけでは水虫かどうか判断するのは難しいとのことです。診断するには組織を顕微鏡で観察して白癬菌の存在の有無を確認します。ちゃんと病院に行って診断してもらってください。

 

治療は角質のターンオーバーにあわせて行うので短くて一ヶ月から二ヶ月、長期だと半年以上かかることもあります

 

症状がなくなったからといって薬を中断するとぶり返しますので、医師の指示どおりに薬を塗り続けてください

 

いかがでしたか。

 

一口に水虫といっても症状にバラエティがあります。これは皮がむけてないから水虫ではないと決め付けず、疑わしい場合は専門家のもとで、しっかり診断をつけてもらい治療をおこなってください。水虫はうつりますから・・・。

 

photo by://www.ashinari.com/2013/03/14-377237.php?category=10

著者: tossyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

水虫に感染したときの症状と、慢性化したときの症状…毎年こんな症状がでていませんか?

     水虫は、原因が高温多湿の環境を好むカビですから、夏に勢力を増します。「...

自覚がなくてもわかります!皮膚科で行われる水虫の検査方法

  水虫の自覚症状と言えばかゆみやじゅくじゅくですが、皮膚科では自覚症状がなく...


白癬菌はどこにでもいる?!日常においてできる水虫の予防方法

水虫は白癬菌という真菌類が皮膚の角質に増殖して、寄生することによって発症しま...

夏に増える赤ちゃんの水虫!家庭内に水虫を持っている人がいると、赤ちゃんにもうつります!

水虫は大人の男性のイメージがあるかと思いますが、実は夏の赤ちゃんの水虫というの...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る