カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. 治療に数ヶ月?かかりたくない...水虫には予防法があった!

気になる病気・症状

治療に数ヶ月?かかりたくない...水虫には予防法があった!

水

 

水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に寄生し激しいかゆみや痛みを引き起こしたり、皮膚がかさかさしてはがれてしまう病気のことです。一度なると数ヶ月の治療が必要になります。

 

こんな病気はならない方がいいので、予防しないにこしたことはありません。

 

予防法としては以下のものがあります。

 

毎日お風呂に入る

 

白癬菌は24時間以内に洗い流せば、寄生しません。たとえどこかで白癬菌入りの剥がれ落ちた皮膚などをふんずけてしまっても24時間以内に洗い流して通気性をよくしておけば大丈夫です。

 

同居人が水虫の場合、足ふきマットを変える

 

足ふきマットは白癬菌が繁殖しやすい絶好のポイントです。感染した人が使用したマットで足を拭いてしまったら、the endです。感染した人はマットを別のにするか、マットは使わず、キッチンペーパーなどで拭いてください。

 

同居人が水虫の場合、毎日掃除機をかける

 

水虫に感染した人がまきちらした白癬菌入りの皮膚をふんずけてしまっては感染の危険が高まります。毎日こまめに掃除機で吸い込んでしまうようにしましょう。

 

プールや温泉などからあがったら足を洗う

 

共用部分ではいくら気をつけていても白癬菌入りの皮膚をふんずけてしまう危険を回避することは不可能です。一日以内に洗い流すのが一番確実です。

 

毎日同じ靴をはかない

 

毎日同じ靴をはくと、白癬菌がその靴で増殖しやすくなってしまいます。一日履いた靴はやすませ、別の靴と交互にはくようにしましょう。

 

水虫なんて、絶対人に言えないですもんね。同居人に水虫の可能性がある場合はこちらも自己防衛をしなくては感染してしまいます。予防、がんばりましょう。

 

photo by://www.ashinari.com/2013/02/15-376399.php?category=186

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

こんなに違う!水虫(白癬菌)の種類別治療法

  「水虫」と一口にいってもいろいろな種類があり、爪にできるものから指の間、足...

足が蒸れやすい冬…冬の水虫が好む環境とは?夏の水虫が再発することがある?!

水虫は湿度の高いところが大好きなので、湿度が高い夏の方が水虫になりやすい・水虫...


明らかに水虫が疑われる症状でも、水虫菌の確認は必須!顕微鏡で簡単に確認できます

     足の皮膚トラブルが生じた場合、疑われるのは水虫ですが、全てがそうとは限...

男女の水虫患者の数はほぼ同じ!女性のはく靴は水虫を起こしやすい?!

昔は女性より男性の方が水虫の患者数が多かったのですが、近年、履くクツの違いに...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る